SCP-239のスペルブック
評価: +3+x

Written by Danteson                                                                                                                            
彼女がスペルブックを利用する機会はもはや存在しないため、このスペルブックは財団により廃止されました。─ Dr. Wright.

第1章: 財団とあなた!

さぁ、あなたが魔女としてやるべき仕事は、財団の素敵な人々の言いつけをキチンと守ることです。彼らがあなたに何かをお願いしたのなら、もしあなたがやりたくないと思っていても必ず従わなければいけません。さもなければ、あなたの魔法免許証は取り上げられてしまうでしょう!そんなことは起きて欲しくないよね?

もう一つの大切な約束は、他の魔女や魔法使いについて決して質問してはいけないという事です。彼らはあなたとは違う力を持っているかもしれませんが、まったく心配はありません。それはとっても普通のことなのです。もし財団の人たちが彼らは信頼出来ると言ったのなら、それはあなたが彼らと友だちになる許可を貰えたという事です。やったね!

第2章: 最初の呪文を唱えてみよう

呪文を唱えるのはとっても簡単!魔法の言葉を大きく叫んで、あなたの目の前で何が起きるのかを想像するだけ!常にしっかりと、正確に、そして一番大切なのは自信を持って唱えることです。そうじゃないと知らないうちに髪の毛が紫色に変わっちゃうかも!

もう一つ、魔女ならみんな守らなくてはいけない大事な約束があります。それは、この本に書いてある呪文以外は絶対、絶対、絶対、試してみたり、唱えてみてはいけないということです。それは魔女の社会ではとっても深刻な犯罪なのです。もし約束を破ったら罰として焼かれてステーキにされちゃうかも!こわい!

第3章: 安全な呪文の唱え方!

(この本に書き込んでずるをしてはいけません。ずるっ子だ!)

クロムス(Chromus):

好きなモノを指で軽く叩いて「クロムス」と言おう!どんな色でも望んだ通りの色に変わるよ!

アクアフィエール(Aquafier):

指を伸ばして「アクアフィエール」と言おう!水鉄砲みたいに指から水が飛び出すよ!楽しい!

デュコ(Duco):

何かに指を押し付けて、「デュコ」と言いながら動かしてみよう。魔法の印を描くことが出来るよ。マジックペンみたい!でもこれで壁にお絵かきすることは出来ません。

エスタス(Estus):

カップを両手でもって「エスタス」と言ってみよう。するとあなただけのために暖かくて素敵な飲み物が出てくるよ。いつでも自分のホットチョコレートが作れるね!

ニュートリメナス(Nutrimens):

手を伸ばして「ニュートリメナス」(気をつけて、とっても言いにくいよ!)と言ってみよう。すると好きな食べ物が手の上に現れちゃう。

テルゴ(Tergo):

お風呂に入るのは嫌い?そんな時は「テルゴ」を使おう。あっと言う間に身体が綺麗になるよ。

クィエスコ(Quiesco):

なかなか寝付けない?そんな時は「クィエスコ」とそっと枕にささやいてみよう。赤ちゃんみたいに眠れちゃうよ。

モルトゥス(Mortus):

財団の誰かが許可したときだけ使おう!何かが写っている写真を指さして呪文を唱えると、写真に写ってる人や生き物が死んじゃうよ。なんということでしょう!

[データ削除済]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。