SCP-2399
評価: +6+x
redspot.gif

██/██/██から██/██/██にかけてのSCP-2399の移動経路の低速度撮影写真。

アイテム番号: SCP-2399

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2399の位置および性質上、物理的収容は現在不可能です。主要な天文台に潜入している財団エージェントはSCP-2399の映像や画像を収容します。継続的な誤情報活動が実施されており、これまでの所は、一般の認識からSCP-2399関連の知識を完全に抑制できています。

木星周回軌道における財団衛星はSCP-2399の自己修復試行に対する一定の警戒を維持し、SCP-2399が最低でも修復率75%に達するようなプロセスをあらゆる手段で妨害します。加えて、長距離電磁妨害衛星(バリア配列)による境界が高度木星軌道に築かれています。この配列によって傍受されたあらゆる送信は直ちに解読・記録されます。

SCP-2399が修復率75%に達した、もしくはジャミング境界における情報漏洩が発生した場合、必然的に財団職員はプロトコル・レジオネラ-5(補遺2399-L5参照)を発動し、その時点で完了させる必要があります。

説明: SCP-2399は現在、木星の下層大気中に位置する、巨大かつ複雑な機械的構造物です。SCP-2399は1963年に視覚的に発見されて以来、極めて高度な反物質ベースの兵器を、特殊な破壊作用、および一般に大赤班の名で知られる巨大な赤い渦として観測できる破壊的な大気[データ削除]を作成するために使用しているのが観測されています。

SCP-2399は現在地に辿り着く前に、おそらくは衛星イオとの衝突で損壊しています。SCP-2399は自らが負った損傷を修復するために、小さなタコ型修理ドローンを多数放出しているのが観測されています。これらのドローンの一部はSCP-2399の近くに留まっていますが、他の機体はSCP-2399が紛失した部品を探し出すために近隣衛星や木星のより深い大気中のパトロールを行っています。コンピュータによるモデルは、SCP-2399の完成度を59%、現時点における修復率を年間0.78%と推定しています。この修復率は1970年から0.12%増加しています。

損傷状態にも拘らず、SCP-2399は無限の動力供給源・高度な電磁シールド・物質破壊兵器・与えられた損傷の自己再生機能・正確な追跡およびターゲティングシステムを有しているようです。SCP-2399の作成者と地球人類の技術力の進歩には大きく差があるため、如何なる意図や目的があるにせよ、SCP-2399は現時点では人間には破壊不可能です。理論上、SCP-2399は十分に強力な電磁パルスに対しては脆弱である可能性があります ― が、残念ながらこの技術はまだ実現していません。

redspot2.png

バリアユニット21から見えるSCP-2399(赤丸の部分)。

1971年以降、SCP-2399は地球から約300万光年離れたさんかく座銀河に由来する電磁ベース通信を絶え間なく受信しています。SCP-2399が太陽系まで移動してきた手段、およびその通信方法は判明していません。1971年から1985年まで、SCP-2399は単一の暗号化されたメッセージを継続的に受信しました。解読と翻訳の試みを通して、このメッセージはSCP-2399に対し、被った損傷を修復して我々の太陽系に突入することを命じる指令であるらしいと判明しました。この後、メッセージ傍受のためにバリア配列が確立されました。この間、指令送信の原点からの連絡は途絶していましたが、1996年以降は異なる指令が再び送信され始めました。バリア配列は、現在までのところは、SCP-2399がこの指令(補遺2399-指令ログ参照)を受信するのを防いでいます。


SCP-2399発見についての注記:

補遺2399-2b:

補遺2399-2c: プロジェクト・ギガス:

補遺2399-L5:

補遺2399-指令ログ:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。