SCP-2403
評価: 0+x
mount_thor.jpg

SCP-2403に接続されていると想定される場所の一つ、トール山の写真。

アイテム番号: SCP-2403

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 研究サイト-45の東階段は職員に対し、1~3階までを無期限に封鎖します。2階の踊り場に繋がるルートは強化コンクリートで塞ぎ、1階の床には鋼鉄の防爆扉を設けて常に施錠します。SCP-2403の実験は追って通知があるまで中止となります。

説明: SCP-2403は現在、研究サイト-45東側吹き抜け階段の、2階に下る際の最後の段と2階踊り場の間でのみ発生している現象です。知性ある二足歩行生物が階段を下る際に最後の段を踏んで2階に降りると、その生物は瞬時に時空を超えて別な地点へと転送されます。

全てのケースにおいて、転送先は険しく切り立った崖が存在する高々度領域が主であることが判明しています。SCP-2403によって転送された対象者は、現象への事前知識を持つか否かに因らず、これらの崖から足を踏み出して落下するように配置されます。この間、対象者は通常の速度で自由落下を経験します。地面との接触直前、対象者は瞬時に2階の踊り場に再転送されます。

現象発生点において消失と再出現はほぼ瞬間的に起こっているため、対象者は僅かに時間の遅れのような感覚を経験することになります。しかしながら、対象者は自由落下を最初から最後まで体験し、尚且つその記憶を保持し続けます。他の物理的なオブジェクトや特性 ― 雨水(もし転送先で降っていた場合)、ダスト粒子、対象者が肺の中に吸い込んだガス、対象者の慣性や運動量など ― が対象者と共に帰還した例は確認されていません。実験の結果、踊り場に降りる直前の一歩で飛ばした段数と転送先の性質には相関性があると証明されましたが、これらの結果の精度は現在まだ決定的なものではありません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。