SCP-2408
評価: +7+x

アイテム番号: SCP-2408

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 財団はGoI-0432の活動が疑われる地域の法施行期間に潜入しコントロールします。GoI-0432の異常な活動に関する情報は抑圧されます。機動部隊サイ-13("ウィッチ・ハンター")はGoI-0432メンバー(SCP-2408-1)の抹殺のための捜索を命じられています。メンバーが生きたまま捕獲された場合、徹底的な尋問(必要と見なされたあらゆる手法が使われます)を終了前に行います。死体は検視され有害物廃棄プロトコルに従って処理します。

機動部隊サイ-9("深淵を覗くもの")はSCP-2408-3の研究者を保護するために供給されます。SCP-2408-3への接触を試みた個人は発見され次第すぐに終了されます。潜在的なアクセスポイントの捜索のために巡視を行い、ポイントは発見され次第安全に封印されます。

武装した聖遺物及び生物収容エリア-06がSCP-2408-3の収容と研究のためにモスクワの側に建設されています。

説明: SCP-2408はGoI-0432("ハンターの黒きロッジ")、異常な犯罪組織かつソビエト連邦だった地域を主として活動するサーキックカルトに関連するいくつかの異常のことです。SCP-2408-1は遺伝上通常のヒトですが極度の肉体的変容を経験する能力を持っています。既知の変化は以下の内容が含まれます:

  • 2、もしくは3倍の質量増加(主に筋肉が増加します)。
  • 骨密度の増加。
  • テストステロン生産の増加(標準的な成人男性の約6倍のレベル)。
  • アドレナリン生産の増加(標準的な成人男性の約4倍のレベル)。
  • 睾丸とアドレナリン腺を除いた内臓の増大。これらはサイズも比例しますが、脳はサイズが変わらないように見えます。
  • いくつかの非人間的な身体特徴(例としてオオカミ、ヤギ、ブタ、クマ、シカ、タコの特徴が記録されています)。
  • 2足動物から4足動物への移動の変換。
  • 五感の拡張(視覚、聴覚、味覚/嗅覚など人間の知覚の限界を越えています)。
  • 筋力、瞬発力、再生能力の拡張。

プロテウス-クローネンバーグ症候群と違い、SCP-2408-1実例は細胞の安定性を維持しながらこれらの変化を取り消すことが出来ます。これらの変容が無期限に維持出来るのかは不明のままです。完全な変身は10-30秒で行われることが出来ます。

SCP-2408はオペレーション・ファルケンラースで発見されました。

オペレーション・ファルケンラースはGoI-0432の潜入を含んでいます。"ハンターの黒きロッジ"(あるいは単に"ブラックロッジ")は、恐喝、殺人、盗難、賭博、売春、人身売買、薬物売買、武器売買、非合法な闘技場と関係しています。これらの活動は本来異常ではありませんが、GoI-0432の異常な能力が彼らの業務に異常な影響を与えています。これらの異常が含まれます。:

  • "Гнев"1というアンドロゲンの同化作用を持つステロイドの形をとった異常な薬剤の売買と流通。 Гневを静脈注射することで筋肉と骨の異常な成長が引き起こされます。継続した、あるいは過度の使用はプロテウス-クローネンバーグ症候群あるいは死を招きます。分析により不明な生物種の腎臓付近の腺から抽出された物質であると判明したため、SCP-2408-2Aに分類されています。
  • "Похоть"2という強力な麻薬かつ徐々に普及3しつつある"クラブドラッグ"の売買と流通。通常はガラスの小瓶に入れて売られ、口腔内で空気と混入して摂取されます。(注射は例外なく致命的です)。物質は多様な五感での幻覚と動悸の増大、性的興奮の増大、多幸感を引き起こします。研究によりヘロインよりも依存性が強いことが明らかになっています。これらの効果は異常ではありません(物質はおそらく利益の為に作られました)が物質は不明な生物種の脊髄液で抽出されていると見なされているため、SCP-2408-2Bに分類されています。
  • 病原菌や毒素など財団によって異常とみなされている生物学的な物質の売買と流通。"Красная Смерть"4の創造と流通は非常に高レベルの脅威を代表します。すでにSCP-として分類されており、"赤い死"に関する情報は現在必要知原則の下でのみ入手できます。
  • GoI-0432の犠牲者は巨大な有機体のとげ5に突き刺されるか完全に引き裂かれた状態で発見されています。死体の傷は残虐な蹄のように、いくつかの異なる種類の動物の攻撃を連想させます。負傷は角や牙のある動物の攻撃痕や巨大なオオカミのような生物種の歯の兆候と一致します。

財団はソビエト連邦の解散時、GRU"P"部局から財団へ多くのアノマリーとそれに関連する文書の管理が委譲された際にGoI-0432に気づきました。GoI-0432の実在はGRU"P"部門の前任メンバーたちからさらなる裏付けを受けました。彼らはGoI-0432によってもたらされた脅威と、それに関連するアノマリーを完全には収容または無力化出来ませんでした。一説には、組織を明らかに滅亡へとおいやったことが数回ありましたが-数ヶ月後に、以前より強力になって再出現したようです。

機動部隊サイ-13("ウィッチハンター")のエージェント████・S████はオペレーション・フルケンラースの一部として1994/04/11にGoI-0432に潜入することを公的に命じられました。機動部隊サイ-13はプロジェクト:シトラ・アキュラの一部として財団/GOCの共同機動部隊として創設され高度な機密に区分されました。機動部隊サイ-13はサーキック6組織への潜入と高脅威メンバーの終了のために計画されました。

プロジェクト:シトラ・アキュラの一部として、機動部隊サイ-13のメンバーは反オカルト戦略(COS)と腐食性/焼夷性の兵器の使用を訓練されました。各エージェントは腐食性と焼夷性の弾薬の使用のために改造されたシグ・ザウエルP226を装備していました。

"ドミニク・ミーシュキン"の偽名で、エージェントS████はモスクワで契約殺人者として行動しました。これは犯罪者としての評判を上げ、最終的にGoI-0432の興味を引くためです。1995/01/20に、エージェントS████はGoI-0432のメンバーと接触し、Красные фонариを教えられました。

Красные фонари("赤いランタン")はゴルヤノヴォ地区に存在する人気のあるナイトクラブ/アダルトエンターテインメント施設です。ブラックロッジのフロント企業として利用され、強制売春、人身売買、違法な(しばしば異常な)麻薬の流通の嫌疑が含まれています。地元の司法はGoI-0432の買収や脅しによって介入していないと信じられています。

エージェントS████は任務の繊細な性質により記録装置を装備していませんでした。その代わりに、情報はデッド・ドロップ7によって財団に移動されました。エージェントSは1995/01/25、2100にシグ・ザウエルP226を装備してナイトクラブに入りました。彼は用心棒に接触し、彼は短い会話の後エージェントS████を彼の後に続けさせられたのが観察されています。ナイトクラブの内部にいたエージェントはS████がメインフロアを見下ろす、階上のVIPスイートに案内されたのを見たと報告しています。エージェントS████は1995/01/29、0800までナイトクラブから退出せず、デッド・ドロップによるメッセージは後に約2100に送られました。

財団はエージェントS████から今後1週間おきに任務報告書を受け取ります。


エージェントSは1995/05/28に作戦行動中行方不明と宣告されました。

1995/06/04に、十分な審議の後、赤いランタンのナイトクラブを含む多様なブラックロッジのサイトへの襲撃が行われました。襲撃中、SCP-2408-1は変容しているのが直接観察されました。彼らの攻撃と異常に強化された格闘能力にも関わらず、SCP-2408-1の脅威は火器の使用により完全に無力化されました(財団が予期していなかったほど、死傷者は少数でした)。作戦が継続している間、ブラックロッジが最小限の人的資源を供給していたことが急速に明らかになりました-地域の総人口のごく一部でした。
この任務がSCP-2408-3の発見をもたらしたのでしょう。

SCP-2408-3はモスクワの真下深くにある巨大洞窟の内部に位置する巨石文化の寺院の複合体です。約3000年ほど前の、ロシアでもっとも古い建造物であり、サーキック文明の遺跡です。SCP-2408-3の組織は2つに分かれます。鉱物と生物です。鉱物部分は外部を取り巻いており、ハンレイ岩(一般的に"黒御影石"として知られています)の大量の巨石から建築されています。寺院の異常な生物部分は内部を満たしており、骨、筋肉、内臓から出来ています。

寺院の'地面'は剣闘士のアリーナと巨大な祭壇だと発見されました。洞窟の天井には12人の老女の遺体がぶらさがっています-実際には、腸を抜き出され、彼女たち自身の腸で吊られているようです。床の鉄格子は食肉処理場のものとの類似が発見され、それらは血とほとんどの内臓を摘出するために設計されたようです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。