SCP-2417
rating: +6+x

アイテム番号: SCP-2417

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2417はサイト-201の標準収容室に保管されます。24時間毎にSCP-2417には0.5mLの血を満たした小瓶を与えます。SCP-2417とのインタビューの際には、インタビュー者とSCP-2417を壁で仕切り、マイクとスピーカーを使用してコミュニケーションを行います。情報の報酬として紙や血が与えられます。

説明: SCP-2417は知性を持つ白の折り紙1です。SCP-2417は自身を様々な形に折り、動き回ることができます。それが好む形は7本の足を持つたこに似た姿で、高さ8cm、幅14cmです。SCP-2417は異常な手段により発話することができ、英語および「オルトサン(Ortothan)」と呼ばれる言語で会話を行います。SCP-2417の協力の下に、この言語を翻訳する作業が進行中です。

SCP-2417は紙が与えられると巧みに折り紙をし、作成したもので収容室を飾ります。それは自身の体の一部を様々な操作用の形状に折りたたむことで紙を折ります。それが作成するものには異常性質はなく、協力の報酬としてSCP-2417へ紙を与えることは安全であるとみなされています。

SCP-2417はラクマウ・ルーサン(Rakmou-leusan)と呼ぶ神を崇拝しており、「第二ハイトス教会(The Church of the Second Hytoth)」2として知られる組織の一部であると主張します。SCP-2417は、ラクマウ・ルーサンは彼自身を助けるために日々血の生贄が必要であると主張します。これらの儀式はSCP-2417が人間の指や掌に小さな切開を行なうことで構成されます。その後SCP-2417は血を吸収し、血は約20秒後に消えます。儀式を行わない日数が増えるに連れてSCP-2417の不安は増大し、「ラクマウ・ルーサンの終りが近い」と主張します。およそ5日経つとSCP-2417は部屋の隅に隠れ始め、しばしば自身を立方体やピラミッドの形に折りたたみます。この期間に人間が収容室へ入ると、SCP-2417は血を求めてその人物を攻撃します。

SCP-2417は2016年9月8日、カナダ、トロントにある折り紙店のオーナーであるアリソン・██████氏のアパートにおいて、知人により発見されました。アリソン氏は発見の前日、休暇で訪れたドイツにおいて内出血により死亡していました。報告によれば知人は「生きた折り紙」に襲われた後に警察を呼びました。秘密裏に活動していた財団エージェントが電話を傍受し、警察官に偽装したMTF-ユプシロン-20("ホグタウン守備隊[Hogtown Garrison]")が現地へ派遣されました。

SCP-2417と様々な折り紙がキッチンで発見されました。これらの折り紙の中にはキッチンテーブルと戸棚へ伸びる一連の階段、7体の4本腕のヒューマノイド、槍、小さな円状のテーブルなどが含まれていました。アパートで発見されたその他のアイテムには血の入った瓶、(折り紙の)紙の山、第二ハイトス教会に関する宗教文書、SCP-2417が好む姿に似た折り紙がありました。この宗教文書に基づき、アリソン・██████氏は第二ハイトス教会のメンバーであると考えられています。その教会の存在や所在に関する調査が現在進行中です。

補遺:

補遺-2: 2016年8月19日、アリソン・██████氏の居住していたアパートへ1通の手紙が届き、秘密裏に活動していた財団エージェントが手紙を受け取りました。調査では手紙には異常性質がないことが判明しました。この報告書の執筆時点、SCP-2417にこの手紙は見せられていません。

補遺-3: 2016年8月25日、午後2時51分頃、アキオ博士は3度目のインタビューのためにSCP-2417の隣の部屋へ入りました。2つの部屋はガラスパネルで区切られており、音を通すための穴が開けられていました。部屋へ入った途端、SCP-2417は自身を折りたたむとその穴を通過し、アキオ博士を攻撃して頸動脈を切断しました。3分後にアキオ博士は失血により死亡しました。SCP-2417は血を吸収し、その染みは3時間後に消えました。SCP-2417はラクマウ・ルーサンの死を防ぐためにそうしたのだと主張しています。取扱方は更新され、またSCP-2417をEuclidへ再分類することが審議中です。完全な事件報告書は事件報告2417-A1を参照して下さい。

第二ハイトス教会の会議がバンクーバーにおいて最近開催されたことが明らかとなり、教会の存在が確かめられました。完全な調査が進行中です。このため、SCP-2417へ血液を与え、さらなるインタビューを行なうことを可能にすることが重要であるとみなされています。SCP-2417の教会の状態に関する心配が先の事件の発生に寄与したと考えられるため、SCP-2417には継続して教会の状態に関する情報が与えられます。

私はラクマウ・ルーサンが死にかけていることを感じることができました。非聖なるフォルテウト(Voruteut)が彼を囲み、傷の上に傷を与え、彼の防具の裂け目を引っかきました。私は教会の動きを待つことができましたが、もしかしたら起こらないことを私は待ちたくありませんでした。だから私は博士の生命を奪い、彼の血をラクマウ・ルーサンへ送ったのです。私はそのような恐ろしい仕事を行ないたくありませんでしたが、もし血がなければ無数の命が失われてしまうのです。心配しないで下さい、博士の精神は悲劇的な死を補うためにエイトス(Eitoth)ヘ行きました。彼が留まるのか、それとも戻ってくるのかは彼次第です。

次の日、SCP-2417は1つの突起をペンとして使用し、収容室にある紙に文を書き始めました。インクはペンの先から出てきました。その文の目的について問われると、SCP-2417は「宇宙の真実を広める」ことをしたいと答えました。下記は書かれていた文の写しであり、オルトサンより翻訳されています。

補遺-4: SCP-2417の収容に続いて、第二ハイトス協会(GoI#03088に指定)とオルトサン神話に関する複数の異常物体が発見され、これにはSCP-2742SCP-3140SCP-3417SCP-2651SCP-2821が含まれているのではないかと疑われていますが、関係性は未確認です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。