SCP-2419
評価: +29+x
site.jpg

ユニットC(1963年頃)。

アイテム番号: SCP-2419

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: フェンスによる半径15kmの円形境界線がSCP-2419の周辺に確立されています。この境界は機動部隊ベータ-7(“マズ帽子店”)によって私有地として維持されます。

1日1回、機動部隊ベータ-7は財団の技術者たちをユニットCへ同伴し、6基ある焼却炉のうち1基の保守点検を行います。各焼却炉が1週間に1回は整備されるようにするため、彼らは交代制スケジュールに従わなければいけません。この点検中を除き、全ての炉は常時点火状態で稼働させ続けます。補強された鋼鉄製ハッチが各焼却炉の3ヶ所にある排気シュートの上に溶接されています。これらのハッチはボルト留めして、施錠状態に保ちます。

ユニットCの焼却炉の外部で発見されたSCP-2419-A個体は、コンクリートに沈め、無期限収容地点へ輸送します。

map.jpg

ユニットA、B、Cのモデル。

説明: SCP-2419は、アメリカ合衆国コロラド州サマー・スプリングスから北に75kmの場所に位置する製油所および廃棄物処理施設です。当施設は1954年、有害な廃棄物(主に医療廃棄物)の焼却と長期保管を目的として財団に建設されました。施設が1975年に幾つかの異常性を示し始めた後、制御下の避難が行われました。

施設は3ヶ所のユニットに分かれています。ユニットAは地層処分による異常廃棄物の長期保管を受け持っていました。ユニットBは送られてきた廃棄物を受け取り、処理していました。ユニットCは非異常性の廃棄物を焼却処分していました。

SCP-2419-A個体は、ユニットCの焼却炉内部に発生するヒト型実体を指します。SCP-2419-A個体は異常な再生能力を有しており、死亡することがありません。個体は典型的には排気シュート経由で焼却炉からの脱出を試みますが、各焼却炉の熱は個体の進行を早期に食い止めるのに十分な効果があります。

SCP-2419-A個体は意思疎通を行わず、自己防衛本能が欠如しています。個体群はお互いには関心を抱いていないように思われる一方で、個体以外のあらゆる知性体に激しい敵意を示します。

補遺2419.1: 発見

補遺2419.2: 歴史



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。