SCP-2424
評価: +7+x

アイテム番号: SCP-2424

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2424は、研究施設-45のテスト格納庫-09で、さらなる研究に備えて保管されています。SCP-2424の周囲40mにそって黄色の境界線が引かれていて、これは、SCP-2424の認識可能範囲を示しています。このエリアは、"対話ゾーン"として知られています。対話ゾーンから帰還した人員は全て、報告を求められることになっていて、加えて、何らかの異常な影響がないか身体スクリーニング調査が行われることになっています。

少なくとも2名のセキュリティ要員が、常時、南北の入り口に居るようにしてください、サイト上の爆破廃棄装置(EDU)で、外的危険物に関する標準プロトコルに記述されていない、SCP-2424から生じたものは全て処理されます。

全実験において、レベル3監督官を必要とし、D-クラス人員を用いて実施されることになっています。承認された実験の間、対話ゾーンに存在することが許されるD-クラスは一名のみです。 格納庫の構造的整合性視察は月2回実施されることになっています。SCP-2424から記録された全ての異常な無線周波数は、分析のためにラボ-7に送られることになっています。

説明: SCP-2424は海洋哺乳類のようで、おそらくセイウチ1に属していると思われます。セイウチ科の他の種とは異なり、SCP-2424は第二の一対の筋肉質のヒレ足、薄紫色の肌、様々な未知の用途のサイバネティックス移植痕、かなり大きめの体長と重さ(それぞれ35m、24t)を備えています。SCP-2424はグリーンランド,イトコルトルミット39km北、イヌイット居住地の近くで、火災によって破損したような状況で捕獲されました。居住地、現地の記録は存在しません。

SCP-2424は、未知の製法、未知のモデルの260mmカノンを備えており、口から出したり、収めたりすることが出来ます。この武器は、黒い球状の発射体を、非常に遅い速度で放出することが可能で、最大3発、連発することがあります。SCP-2424が地面を、地震を引き起こすほどの力で叩くこともできます。この間、対話ゾーン内に立っているものは、正確に4秒間全身麻痺に苛まれます。現在、この振動がどのようにして、個人にこのような反応を引き起こすのか未知です。

SCP-2424は、対話ゾーンに誰か居る場合は常に、敵対的な活動を行い、これがSCP-2424の認識可能範囲であるように思われます。実験中、D-クラス人員は、奇妙な電子ノイズが未知の音源から聞こえ、並びに音響的効果が人員の身体活動に同調していると報告しましたが、これについては未確認、未記録です詳しくは付録-2424-004を参照して下さい。

SCP-2424は、以下のいずれかの基準が満たされるまで、敵対的反応を続けます。

  • 個人の死。
  • 個人の対話ゾーンからの撤退。

付録-2424-001: SCP-2424に関係している研究者が、実験記録動画のチェックの後に、敵対反応時における戦略パターンを発見しました。SCP-2424はこのパターンから逸脱することが出来ないようで、将来的な実験はより予測可能になるとして、激論が交わされました。下記のリストは、この事のチェックのために編集されたものです。

  1. SCP-2424に正面から接近、その視界(40m)の周囲に立つ。
  2. 右に1歩移動し、3秒後の(複数の)発射体を避ける。
  3. 左に1歩移動し、3秒後の(複数の)発射体を避ける。
  4. 後ろに1歩移動し、屈んで、3秒後の(複数の)発射体を避ける。
  5. 元いた場所に戻る。
  6. 空中にジャンプし、SCP-2424が第二次の地震攻撃をやめるまで、地面と接触しないようにする。
  7. 以下、2-6のステップを繰り返す。

付録-2424-002: 偶然にもD-クラス被験者は、発射体をSCP-2424に投げ返すと、発射体は爆発して、SCP-2424の全身が明るい赤に光るということを発見しました。これを6回実行した後、SCP-2424はいかなる痕跡、流出体を残さず爆発しました。SCP-2424を破壊する役割を直接務めた人員は、この後に[編集済]。その後、激論が交わされだすよりも前に、SCP-2424は正確に以前と同じ位置に、即座に再び現れました。

付録-2424-003: 最近、SCP-2424は、実際は知性を持っており、声でのコミュニケーションが可能ということが注意されるようになりました。一度のみ、人員とSCP-2424とのインタビューが一本記録されていますが、現在、SCP-2424はコミュニケーションの試みを拒否しています。添付参照。

付録-2424-004: 後の詳細解析により、SCP-2424は実際は超短波(UHF)の形で信号を発することが出来ると確認されました。対話ゾーン内の影響下にある個人のみ、これらをオーディオとして認識することが出来ます。下記のサンプルは、実験の間、バッググラウンド・ノイズとしてD-クラス被験者から陳述されているものと思われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。