SCP-243
評価: 0+x
scp-243-1.jpg
封じ込め違反████████の際、SCP-243の影響下で単純な群集行動を見せる██本の傘

アイテム番号: SCP-243

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-243は16m×16m×16m以上の標準的な収容セルの幾何学的中心に固定して保管してください。当該セルは施錠可能な標準的ドアによって、同一のサイズと組成をもった隣室に接続します。セルへのすべての出入口は施錠し、不正なアクセスから保護されるようにしてください。

テストのために必要な場合を除き、該当するグループ(4個以上の同一の無生物を言う。下記参照)をセル内に入れることは許可されず、またそのようなグループを生成可能ななんらかのアイテムも同様に許可されません。セルに入室する職員には無許可の複数物を所持していないか検査を行い、回収します。

SCP-243によって生物化されたオブジェクト群は、研究のため、隣室に移動させてください。望ましくない生物化オブジェクトは、可能ならば焼却することで速やかに廃棄してください。SCP-243が実験中にSCPオブジェクトかそれと同価値のアイテムに効果を発揮した場合、生成された「群れ」は分離させ、標準的なSafeまたはEuclidクラスの無生物ロッカーで効果が終わるまで保存してください。

下記の事件243-02により、適合グループに当てはまる数量の武器、または武器になりうるオブジェクト、および湿電池をSCP-243の収容セルに持ち込むことは、Dクラスへの降格または終了が行われる理由となります。

説明: SCP-243は全長約30センチ直径約10センチの長楕円体にマイナス端子で接続された小型湿電池の集合体です。その配置は半流動的で、中心のシリンダー部分から湿電池を除去することはきわめて困難ですが、ゆるやかな圧力によって全体の形状を変えることは可能です。

SCP-243の異常な性質は、適合するグループが活性化範囲に入れられたときに発現します。活性化範囲はSCP-243の中心から2.5メートル以上7.3メートル未満の不定形の範囲内です。正確な範囲と形状は時間とともに変化します。適合グループは5個以上の同一な、またはほぼ同一な無生物です。「ほぼ同一な」とは、一般的な観察者が全体の色以外の属性に基づいてすぐに区別できないものを言います。

scp-243-2.jpg
試験のためにセルから出されたSCP-243
scp-243-3.jpg
複雑な群れを形成していた傘。現在は集合した状態。

活性化範囲に入った適性グループは生物化され、特異な柔軟性と浮遊能力、運動能力を見せます。それらは自己保存や複雑な集団行動に関する基本的な本能をいくつか取得します。オブジェクトの群れは、鳥や魚の群れのように単純な離散・集合・結集を行うグループから、役割分業や個別のサブユニットの協働作業を行う集合体まで範囲があります。また、生物化されたオブジェクトは、彼らが個別の物体であったときに持っていた性質に応じた動作をする傾向が見られます。たとえば、傘は大きな影を作ろうとし、椅子は座ることのできるよう形を変え、ナイフは切断できる対象を捜し求めます。

「群れ」から切り離された個体は、あてもなくさまようか、群れの他のメンバーを探します。約4時間分離が続くと、アイテムは休眠状態となり、すべての異常な外形的性質を失います。この時点では、再び集団を構成させると再び生物化が行われます。休眠後25分が経過すると、物体は恒久的にに非生物化され、すべての特異な性質を失って通常の物体に戻ります。群れの構成メンバーが揃っているかどうかに関わらず、群れはSCP-243への曝露後24(±2)時間で恒久的に非生物化されます。複雑な群集行動を見せた群れは、その行動のリーダー的存在に従うように非生物化されます。

補遺: SCP-243は、█████アニメーションスタジオに関連する一連の不審な事件で財団の注意を引きました。そこで製作されたカートゥーンの異常になめらかで「自然な」動きは、通常ならば注目を集めるほどではなかったでしょうが、[データ抹消済]製作事務所のすべての机上ランプが[データ抹消済]。その効果は通常の性質どおり24時間で終わりました。関係していたアニメーターとその家族はクラスAの記憶処置を施され、監視下に置かれました。█████が製作した作品はさらなる影響の痕跡がないか、今後も注意深く監視されるべきです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。