SCP-2434
評価: +1+x
Road.jpg

SCP-2434の異常性に影響を受けている通り。

アイテム番号: SCP-2434

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2434-1実例はサイト-██に保管します。各SCP-2434-1実例は1ヶ月に1回洗浄し、エンジンの機能を全て確認するために動作させなければなりません。実験中を除き、SCP-2434-1はエンジンを切ったままにしておきます。SCP-2434-1の実験もしくはインタビューは、SCP-2434プロジェクトリーダーの承認を受けた場合に限られます。

機動部隊オメガ-10(“通行止め”)は、SCP-2434-1実例が出現する可能性が高い領域の封鎖を割り当てられています。

説明: SCP-2434は、ニューヨーク州█████の町に存在する幾つかの行き止まりの路地で発生する現象です。これらの路地の突き当たりで、様々な機種やモデルの自動車(SCP-2434-1と呼称)が出現/消失します。SCP-2434-1実例は消失する前に時速100kmまで加速するのが観察されています(実例の平均速度は時速およそ45kmです)。SCP-2434-1実例が時速75km未満の速度で、最低でも重量1200kgの物体に衝突した場合、実例はそれ以上の移動を行わなくなるため、正常な回収が可能になります。

出現したケースの約24%で、SCP-2434-1実例は高さ32mまで垂直移動することが可能です。19%のケースで、実例は空中でも消失を行います。SCP-2434-1実例が垂直運動を達成する方法は現在のところ不明です。

空気中で消失を行う場合、SCP-2434-1実例はまずその場で180度回転し、続いて90度上向きに傾斜します。傾斜した後、実例は垂直に上昇して消失します。全てのケースにおいて、実例は数枚の紙切れを落としていきます。入念な調査の結果、これらの紙には駐車違反切符との類似点が見られました。

SCP-2434-1実例はステレオ装置を介した意思疎通が可能です。特筆すべき点として、SCP-2434-1実例はガソリンが無い状態でも動作します。どのようにSCP-2434-1がこれを可能としているかは現時点では分かっていません。これに関してSCP-2434-1実例に質問する試みでは、決定的な答えは得られませんでした。

補遺: 複数のSCP-2434-1実例に対してのインタビュー実施が承認されました。以下はそのインタビューからの抜粋です。

補遺2434-I-14: 情報はレベル3以上の職員に制限されます

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。