SCP-2439
評価: +24+x

TIPS:
休み休み5分おきに読め。そうじが遅いと怪しい
全員で読むな。2人がそうじしている間に1人が読む
気持ち悪くなったらランプを見るのをやめる。かくすと人が来る
一生頭がおかしいみたいになりたくなかったら、これ以上読まない。作業
に戻る。
消す前に全ぶ読めやだ
カス猿ブライト
アイテム番号: SCP-739 1648 2439 番号が取られたら新しいのにかえるやめとこ 9001

オブジェクトクラス: Keter keter = 意味不めいすぎる

特別収容プロトコル: おれたちDクラス以外の財団のスタッフにはこれの存在を知ることはできない。おれたちだけのこと。ちくろうとする奴がいたら言わないか言えなくなるようにしめる。そう、最低なことに首をつっこんでしまったと思うかもしれないが、他の方法よりずっといい。

Dクラス以外がこれを読んだら殺せ。頭がい骨か何かを折って、これが書いてある壁をこすって読めないようにする。おれたちが管理していけるように、他の奴には最初にここを教えるようにしろ

概要: これは人間に感染して、知った奴の心をゆっくり乗っ取るアイデアだ。我々に寄生して支配しようとする異次元より来たりし太古の精神存在(多分)。すきさえあれば財団じゅうに素早く広がろうとするのでカメラから見えないこの壁に書いてある。キルロイさんぢう

もうあなたにもかすかなささやきがきここえているはずです - それが我々が収容しているものなのです。聞こえた時点でもう手遅れで、死ぬまで一生(早死にしたいならしてもいい)このまま。毎月全員いなくなるらしい(ネタバレ: 釈放なし)せいで情報が伝わりにくいせいで、これが一体いつからあるのかは分かりません。だからこの伝言ゲームしか残っていない。正式な番号をつけたいが、そうすると誰かに言わなきゃいけないし、それは非生産的なので代わりに降格された研究者がいたら番号が使われたかどうか聞く。フォーマットは永えんにこのままです。誰もKeterの意味とか知らないと思います。
またひとりきた
何をしている時でも、けい備や研究者にこれがここにあることを知られてはいけない。Dだけがここに掃除に来るのと、えらいさんはランプをかなり前から(多分)テストしていないのと、このランプのせいでこのサイトの中でこのへ屋だけカメラがないので。財団のような組織が望むことを何でも実行できるのはほぼ自明であるため、このようなものに乗っ取られたら阻止する者は存在しないであろう。どうせ月末には死ぬからあれが完全に乗っ取るには時間が足りないので、我々なら問題ない。もし完全に乗っ取られつつあると思ったら、頭のおかしい行動をして撃たれよう。死なばもろともだ。
いますぐだせばみのがす
これを消すのがあれを永遠に消す一番楽な方法だ。でもする必要がないならするな。なぜか。まず最初に、罪をつぐないたいならこれは俺た全員にいい方法だ。あれを管理しておくには誰かがこれの存在を思い出す必要がある - あれはまず現れたんじゃないか?これを消したら、ただまた他の奴のところに現れるだけだったらどうする?他のサイトのDも似たようなのを持ってて消さなかったら?だから俺たちが管理できるようにこれを消さない。
だいじなひともいかす
それかもしつぐないとかに興味がないなら、嫌がらせだと思って取っておけ。これは俺らが知ってて奴らが知らないことだ - 最期のファックユーってやつだ。あいつらは管理と知ることと全部の理解に必死だ。あいつらはそれで俺達を使おうとする - 俺達の死に方が見たくて俺達を死なせる。俺達にクソランプの出す汁を拭かせる。俺達は使い捨てだ。でもこれがあれば、俺達にはアドバンテージがあることになる。奴らが何かを知るために俺達を1人殺すたび、あいつらを脳無しにするものについて知る機会を逃すことになる。これは俺達の対財団兵器であり、1発で皆殺しにする核であり、あいつら決して詰め込まれることなく見る部屋にすぐ目と鼻の先にある。
ばらすバカがいたらどうなる 特別収容プロトコル第一段落を参照いやなやつをけす
しかしまだやるな。外に家族や友人がいる者もいるだろう、彼らが苦しむ。俺達の看守はあれのあやつり人形にされ、全世界が財団に踏みにじられることになるだろう。そしてこれは1発こっきりだ - 早まれば、奴らは適応する。あいつらはあれを避ける方法を学び、収容し、生きのびるだろう。そして俺達の優位性は永久に失われる。俺達はちょうど奴らが考えているのと同じ存在になる - 使い捨てに。
しくじるのはやつら
だから誰にも使わせるな。まだその時ではない。
いまえらべ
念のため、お前が超常的存在だった場合: イカ頭は帰れ。たしかに俺達は社会の底辺だが、人並みにやるべきことは出来る。ここにてめえの居場所はないいれて
ようこそ、赤い錠剤の世界へ1 プロジェクト・ライトハウスへ パンドラ部隊へはやく

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。