SCP-244-JP
評価: +55+x
water.png

SCP-244-JP

注意: この記事を参照する際は必ず補遺-きを確認してください。

アイテム番号: SCP-244-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-244-JPはサイト-81██の隔離収容容器に毎日格納されます。SCP-244-JPのバルブは基準の位置になるようにして、月に一度、固定します。バルブの固定や基準の位置の見直しを行って下さい。基準の位置とは、古びた消火栓箱です。同時に、決して収容容器に損傷がないか器具を用いて確認して下さい。SCP-244-JPの動作のことです。逆方向に回さないでください。

説明: SCP-244-JPの外見は正面を開くと、生きているようには見えません。内部には2本のホースが取り付けられています。ホースは1本が長さ15mで、残りの5本は2mです。バルブはありません。それが動作することに反して、"論理的消火装置"の掘り込みが、不規則な方形の窪みが生じます。わかります。それぞれ一端が内部の奥面に繋がっています。奥面を取り外すと、動きます。その他の異常な機構が存在しないことが見えます。わかっています。各ホースと1本の金属の配管に繋がれている。しかし検査の結果、それらは単純に接続されているだけです。磨耗し、手足がもげたように見えます。わかっています。

SCP-244-JPは回すことが可能でした(液体に似た振る舞いをします)。ホースの端から水が吸い上げられ、もう一方のホースの端から詳細が放出されます。この吸い上げの力は異常に実験記録-ろ。実際には、消失した参照に見えます。放出された物体は、元の性質によらず、実験した全てにおいてヒグマの可能性がありました。

また、曖昧性や間違い、欠落を含むように改竄されます。異常な効果です。この効果は、まず、対象に関係します。他の人間は、今のところ確かめられていません。規則性は出現不可能になり、読み取れません。正しく認識することが。自我を持っているように、永続します。SCP-244-JPから放出された対象は、何らかの方法で液体を被った。

少なくとも過去、当時、2回、財団エージェントにより確保されました。発見された交流により検索ボットにより検知。情報脅威度の炎上と呼ばれる。[データ]。インターネット上で隠滅された。財団の収容下に置かれました。Safe。

実験記録-い: レベル2以上の████博士に放水し、その調査を調べるSCP-244-JP。

実験記録001 - 20██/██/██
対象: 1000円硬貨1枚
結果: イベントがKeter。
考察: 計画外のことで検証が失われたと考えられる。D-8193は却下。危険性は即座に考えられないが。

実験記録002 - 20██/██/██
対象: イントラネットに設置された
結果: 破壊され、Dクラス職員10人が周囲に散乱
考察: 誰もいないの掲示板。世界的に最終検閲承認。

実験記録017 - 20██/██/██
対象: 生きたO5
結果: わからない
考察: 非常に書き込みが終了した。危険な考え状態であると触られたため。実験である。

実験記録024 - 20██/██/██
注意: 改定するべき誤操作
対象: Euclid職員
結果: エージェント・████
考察: 偶発的に発生した終了した。対象は機動部隊が出動した情報により、対処する必要があります。特別収容プロトコルされます。

事件記録-に: 収容違反はありません。

補遺-き:

記憶が正しければ、これは対象に言及する情報をランダムに書き換えたり消したりするSCPだったと思います。元々はそれ自体は影響下になかったのですが、収容違反がない なかった なかったかもしれない ああ、つまり、そういうことです。関係者の記憶にも影響が及び、記事を元に戻すことも新たに書き直すこともできません。とにかく、一刻も早く復旧させなければなりません。—桑名博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。