SCP-2442
評価: +9+x

この記事は事件2442-03の後に現在の形式へと書き直されました。以前のバージョンは文章2442-01内で見つかるかもしれません。

アイテム番号: SCP-2442

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2442収容室は、光を遮断し同様に音も可能な限り減少させる、制限環境刺激療法(Restricted Environmental Stimulation Therapy (REST))室と同様の設備を備えます。少なくとも三つの異なるサイトに三つの収容室が存在し、そのうちの一つにSCP-2442を住まわせます。

SCP-2442は少なくとも二人のエージェントに常時モニタリングされます。如何なる時でもSCP-2442が声を発し始めるならば、鎮静されAクラス記憶処理が施されなければなりません。時間経過の構造概念を与えうる如何なる行動も回避されるかまたはランダムに実施されます。

収容違反が発生したならば、SCP-2442は鎮静され、可能ならば収容室のうちの一つに戻されなければなりません。全ての収容室が違反中に破壊されたならば、収容室が建造されるまでSCP-2442はサイト管理者との会話によって混乱させなければなりません。サイト管理者は動揺の維持に必要な情報を提供する許可が与えられますが、可能な範囲で致命的なデータは避けねばなりません。

説明: SCP-2442は意識すれば何でも消滅を引き起こす事が可能な、活発で敵対的な、異常なヒト型生命体です。主要な効果を引き起こすために、SCP-2442は、通常言語的指示を通じて、未知の実体の注意をオブジェクトへと向けるように振る舞います。オブジェクトは未知の手段で12時間以内に消滅します。

SCP-2442は、自身の会話に反応する声を生みだす事を含む、他の現実操作能力があると考えられています。それは自身の主張を他人に納得させる、潜在的に異常な説得力があります。SCP-2442はまた、記憶処理薬品に対し徐々に抵抗力を増している様子を見せています。SCP-2442の異常な効果の限界は知られていません。

より広範囲にわたる概要についてのどんな要求も、現在SCP-2442が収容されているサイトのサイト管理者に送られなければなりません。

SCP-2442が行うどんな主張も徹底的に無視しなさい。根拠が全くなく、妄想なのだと考えなさい。 - O5-10

事件2442-01: 03/02/04、SCP-2442の収容に失敗した。SCP-2442回収の際に、財団は多大なる損失を経験した。複数の財団職員がSCP-2442と会話した後に援助をしたと記録された。生存した関連職員は易感染性が考慮され、記憶処理の失敗後に解雇された。

事件2442-02: 12/12/05、SCP-2442の収容に失敗した。回収の際に、サイト管理者ドゥアルテの努力により財団は損失を軽減する事ができた。サイト管理者ドゥアルテは致命的でない情報を提供する事でSCP-2442を混乱させることができた。サイト管理者ドゥアルテの効果的な混乱に適合するように収容手順が更新された。

事件2442-03: [O5司令部の命令により概要は除去]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。