SCP-2449
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-2449

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2449の実例は全面コンクリートによって物理的にふさがれます。結果として生じた建造物は収容チェンバーの隠蔽もしくは埋没のために地元の適切な建物か公共作品に組み入れられます。SCP-2449の実例は空、もしくは死亡した被験者のみにすべきであり、その正確な空間範囲は文書2449-1によってDクラス職員によってのみ再計測されます。

SCP-2449に以前から存在する被害者の場合は文書E-21('ヒト被験者の取り扱いのための標準倫理')による標準生活支援が可能です。建造物は定期的な食物供給や探索支援のために穴を開けて建てられます。SCP-2449内部の施設の取り付けと維持は被験者によって実行されます。被験者が最低限度の生活を妨げる実例(5立方m以下のサイズ)に影響されている場合は、レベル-3クリアランスの職員の許可の後、安楽死が提供されます。

新しく建設されたSCP-2449実例の収容手順と情報抑制プランは世界中の収容チームが入手可能です。

財団職員はSCP-2449の境界線から最低でも0.5m以上の距離をとることを常に維持してください。

説明: SCP-2449は体重5g以上の生物の退出を妨げ、境界線からの進入は許可するさいころ型の空間現象です。SCP-2449の実例は不可視の境界線を持ち、非生物に対しては透過性を維持します。現在知られているSCP-2449の実例のサイズは0.5×0.5×1mから25×20×5mまであります。

SCP-2449の実例の位置はトルコのトロス山脈からアゼルバイジャンのバクーにある複合アパートまで分布しています。14%の実例で位置と実例のサイズは建物の中の既存の部屋と一致しています。44%は既存の建築物と一致していますが、壁や石その他の障害など収容のために場所を変更する必要のあるものと接触しています。40%は人間の建造物もしくは自然現象と重複していません。全ての場所のリストは文書2449-2を見てください。

SCP-2449の影響は内部の実例に直接接触している非生物にも適用されます。これにより、SCP-2449の実例からの物質の除去には、補給物質の挿入のように、投擲もしくは落下を実行すべきです。

統計上の分析ではSCP-2449の既知の場所あるいは出現したと推定される日付に関連性は見つかっていません。予想されたSCP-2449は10年間で5例以下です。

補遺: 最近の分析ではSCP-2449は人型SCPの収容への潜在的な適正を持っているとみなされていますが、この目的での使用は認められていません。SCPとのクロステストはSCP-2449外部での緊急命令をサイト管理官が発したときに適用されます。

補遺2: SCP-2449-37がサイト-44天文学観察研究所の空間内部に建設されてから、局所手順は修正されています。5人のサイト職員はヒト観察ユニット-2の中で業務を続け、生活の質の維持に最大限の注意を支払います。サイト内の家族は被験者との限定された接触が許可されます。非財団関係者は被験者の死亡通知と標準財団給付金を受け取ります。SCP-2449-37内部の不必要な家具は同時に3人が眠るための空間を確保するために取り除かれます。最低でも2人の職員が人観察ユニット-2を利用出来る状態を維持し、サイト内の技術者は空席を埋め、作業を続けることを許可されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。