SCP-2462
評価: +7+x
3121690357_71973a357c_z.jpg

SCP-2462

アイテム番号: SCP-2462

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: ラフレシア・アルノルディイの成長条件は限定されているため、許可のない接触を防止しつつ実験を行うためにSCP-2462の発見地点には前哨基地2462-0が設立されています。SCP-2462の異常特性の第三者への開示を阻止するため、██████市民への金銭的補償が許可されています。SCP-2462の開花期にはその周囲350メートルに境界線を設立し、境界線内部に居住、勤務しているか内部を日常的に通行する██████市民を除いて許可のないあらゆる個人の進入を防いでください。

SCP-2462は前哨基地2462-0において維持されます。SCP-2462の周囲には4枚の鏡を配置し、これらは反射性を維持するため定期的に清掃されなければなりません。

説明: SCP-2462はインドネシア、██████の郊外に位置する、遺伝的に特徴のないラフレシア・アルノルディイ (Rafflesia arnoldii) の1個体です。開花時、SCP-2462は自身から250メートルの範囲に様々な数の仮想的なR. arnoldiiを生成します。これらは総称的にSCP-2462-Aと指定されます。

SCP-2462-Aは何らかの物質と置き換わることはなく質量も有しませんが、光に対しては不透明であり環境刺激や物理的接触には実物のように反応します。SCP-2462-Aの写真のコンピュータ分析により、これが幻覚ではないことが確認されました。

SCP-2462-Aの発生数には変動があります。自然環境下においてSCP-2462は、平均して3万のSCP-2462-Aを発生させます1。SCP-2462-A発生数に影響を与えるのは次の要因です。

  • 他のR. arnoldiiとの距離: SCP-2462の位置から視認可能な生きた植物体1つごとに、SCP-2462-A発生数は最大で60%減少する。
  • 栄養欠乏: SCP-2462が栄養欠乏状態にある間、SCP-2462-A発生数は20から50%増加する。
  • 光量: SCP-2462に照射される光量が自然環境における夜間のレベルにまで低下すると、光量が回復するまでSCP-2462-Aの数は3倍に増加する。
  • 植物体の損傷: SCP-2462が損傷を受けると、SCP-2462-Aは半径250メートル内のほぼ全ての表面を覆い尽くす。損傷が回復するまでSCP-2462-Aの数は元のレベルに戻らない。

R. arnoldii個体の移送や移植地の決定は困難であるため2、他のR. arnoldii個体を移植することによる封じ込めは実行不可能です。

回収: SCP-2462は2008年、██████の公式の観光サイトにSCP-2462-Aの写真が掲載されたことで発見されました。██████市民へのインタビューでは、SCP-2462は前年から異常特性を示し始め、SCP-2462-Aは町の郊外の2つの区域に影響を与えていたことが示されました。2008年の開花期の数ヶ月前から、SCP-2462-Aを観光資源とする計画が考慮されていました。

補遺: ブライトコプフ博士の提案により、事実上無限個の反射像を対象に見せるため、SCP-2462の開花時に対象の周囲は4枚の鏡で囲まれました。SCP-2462-Aは生成されませんでした。SCP-2462はSafeクラスに格下げされ、封じ込め手順はこれに従って修正されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。