SCP-2474
評価: +2+x
irnini.jpg

合成開口レーダーによるイルニニ山の画像。SCP-2474はA3認識災害プロトコルに従い遮られています。

アイテム番号: SCP-2474

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2474による影響の兆候の有無を調査するため、デヴァイン・ユニティ3宇宙ステーションより発信されるすべての電子通信は監視されます。国際宇宙機関や非営利のコンソーシアム、私的な惑星間企業により金星周辺で行われるミッションはSCP-2474に遭遇する可能性について、特に金星の北半球に関するデータを生成する可能性があるかについて調査が行われます。

SCP-2474に曝露された疑いのある者はすべて、指定A3プロトコルにより隔離されます。SCP-2474に曝露された研究対象や職員との接触はマヌ13システムのみに限定されます。

ニュー・シャンバラ コロニー調査隊による曝露のリスクが高いため、機動部隊ロー19(「キュテレイアンス (Cythereans)」)の部隊員が、金星大気中に調査用基地を確立する任務についている第一千人隊の専門家の中に配置されています。MTFロー19は2153年3月に調査隊が到着次第、SCP-2474への探査ミッションを行う予定です。

リチャード・シモニス博士が20世紀後半に提出したSCP-2474に関する文書は、その当時の記録から抹消されています。

説明: SCP-2474は金星のイシュタル大陸にある楯状火山、イルニニ山の頂にある複雑な人工構造であり、外観には華麗な幾何学的パターンがあります。現時点においてSCP-2474の組成を決定することは不可能ですが、SCP-2474を構成する素材は金星地表上に多量に存在することが知られている素材とは一致しないとの結論がなされています。 SCP-2474を構成する構造物の高さは平均6.8mであり、2.6m〜18.3mの間のばらつきがあります。異常性はおよそ30平方キロメートルの領域にわたり、イルニニ山の最高到達地点を占めています。読者の保護のため説明を省略

SCP-2474は指定A3(間接観測)認識災害です。その異常性に曝露されたことが確認された初めての人物はリチャード・シモニス博士です。博士は現在機能していない全米航空宇宙局により1992年に実施された、金星のマゼラン観測ミッションの主任地形コンサルタントでした。マゼランミッションにおけるマッピングサイクル3の間に合成開口レーダーを用いて、シモニス博士は初めてSCP-2474の文書化を行いました。その後に行われた金星表面を調査するためのレーダーマッピング活動により、SCP-2474の存在が確認されました。

SCP-2474はその異常性に関する詳細な説明を読んだり、写真記録を見たりするなどの間接的手段を通じて観測した人物に対して、顕著な神経学的および心理学的影響を与えます。これらの影響はインシデント2474.1で示されているように、その形式や重大度が異なります。

SCP-2474にはこれまでに記録されていない種族の実体が住んでいると考えられています。これらの実体の正確な性質は不明です。インシデント2474.1およびその後の出来事の記録に基づき、追って通知のあるまでこれらの実体は敵対的であると推定されます。

インシデント2474.1の記録やGoI-004B1から押収されたアーカイブが、SCP-2474を構成する構造物が人類起源であるという現在支持されている理論につながりました。惑星探査技術が利用可能となるより最低でも150年前にSCP-2474が建設されており、その手段は不明です。

補遺 2474.1 - 初期収容

当時マゼランミッションの視覚データを担当していたシモニス博士が、SCP-2474の画像は金星地表をマッピングするためのレーダーデータを変換するソフトウェアのエラーに起因すると誤って考えたため、財団収容以前に公開されたSCP-2474に関する情報は制限されていました。この結果、金星地表地図の画像誤差を平滑化する一般的な処理の中から、SCP-2474の視覚的証拠が取り除かれることとなりました。

インシデント2474.1の後、財団研究員はシモニス博士の個人記録を押収し調査を行いました。文書によると博士はSCP-2474の発見後も数年間航空宇宙産業での仕事を継続していましたが、その後USA-88 GPS衛星打上げミッションのスタッフから突然辞任しました。当時のシモニス博士に言及する信書には人格の著しい変化が記されており、また人事ファイルには不特定かつ不規則な挙動が指摘されています。このことはSCP-2474の曝露に一部起因すると考えられています。

シモニス博士に関する公的記録は彼が1995年に離婚し、その年の後半にミシガン州の農村部に数エーカーの土地を購入したことを示しています。土地購入後にシモニス博士に関連する唯一の文書は、さまざまな出版社やインターネットベースの文学サービスからの信書です。この間、シモニス博士は繰り返し『The Threshold and the Nineteen and On』という短編小説を出版しようと試みており、すべての出版社から一律に拒絶されています。シモニス博士は数回、いくつかの異なる形式の電子メディアでこの物語を自費出版しました。その物語がシモニス博士以外の人物によって読まれたという証拠は存在しません。『The Threshold and the Nineteen and On』へのアクセスは、現在A3プロトコルに従いマヌ13にのみ許可されています。

シモニス博士は2037年、郡の役人から法定相続人にその不動産を差し出すようにとの要求があった後、ミシガン州ヴァイタル・レコードオフィス2によって死亡が宣告されました。ミシガン州スクールクラフト郡の住居およびその周辺の調査では遺体が回収されなかったため、シモニス博士の死亡診断書に死因は記載されていません。

補遺 2474.2 - インシデント 2474.1

インシデント・レポート

日付:2142年11月23日

関連する異常性:SCP-2474

負傷者:6名のスタッフが負傷:

スン・ジェ・リム主任研究員
イェンス・ハルヴォルセン研究員
アンジャリ・マナヴァ研究員
ヤコブ・フェントン研究員
レオナルド・グリーボスキー技師
イシイ・キエモン技師

資産損失:N/A

インシデントの概要:金星低軌道上にあるハービンジャー3が最近行った秘密衛星ミッションにより得られた画像の解析を行っていた研究チームは、金星北半球に存在する異常構造物であると考えられる未知の画像に遭遇する。初期のSCP分類の報告を提出してから約3時間後、研究チームの全メンバーが苦悩の徴候を示し始める。スン主任研究員はあらゆる刺激に対して反応しなくなり、またフェントン研究員とイシイ技師は視覚と聴覚の幻覚を報告する。残りのチームメンバーは侵入的な思考による激しい感覚を報告する。緊急認識災害対応手順に従いすべての職員が直ちに隔離される。

対応:SCP-2474は公式に指定A3認識災害と分類される。スン主任研究員は永続的な植物状態であると診断され、長期集中治療施設に移される。フェントン研究者とキエモン技師は、異常症状を制御するための鎮静剤と抗精神病薬を継続的に投与されている。A3隔離の終了時に治療とカウンセリングが必要であるかについて、現在すべての職員が評価を受けている。

補遺 2474.3 - 研究記録 2474.17: スタッフの観察

前書き:SCP-2474への曝露は影響を受けた研究スタッフに、その異常性の場所にいると信じられている、未だ不明な実体との未知の関係性をもたらしたと考えられている。これらの実体の性質を確認する試みが進行中である。

その異常性の性質をより詳細に理解するため、インシデント2474.1のスタッフの中で反応がある者に対し、マヌ13人工知能システムにより2143年1月8日から2143年3月17日にかけてインタビューが実施された。マヌ13システムはSCP-2474の認識災害効果に免疫があることが明らかになっている。SCP-2474の性質を決定するため、多くの個人インタビューおよびグループインタビューが行われた。以下に示すのは、SCP-2474に関する重要なデータを提供したインタビューの記録である。これらの記録の一部は潜在的な認識災害を除去するためにマヌ13により改変されており、その部分には注記がなされている。

マヌ13:あなたは自分の意識には適合しない方法で考えさせられる感覚を説明しましたね、アンジャリ。それらの考えについてもっと説明していただけますか?

マナヴァ研究員:ホログラムみたいなものはできますか?何もない部屋で話したくありません。

マヌ13:もちろんです、アンジャリ。[マヌ13はホログラフのアバターを研究員の向かい側の椅子に投影する] それらの考えについてもっと説明していただけますか?

マナヴァ研究員:それは…きちんと整理されていませんでした。イメージや明確な語句のようにはっきりとしたものではありませんでした。あらゆるものがごちゃごちゃになっていて、でもそれを私が制御できていない感じではありませんでした。この意味が通じますか?

マヌ13:いいえ。

マナヴァ研究員:ええと…

マヌ13:冗談です。続けてください。

マナヴァ研究員:…とにかく、それは感覚、あるいは感覚の記憶の集合のようなもので、その中には少しだけ、言葉があったと思います。私は顔に強い熱を感じているように認識し、2つの平行線の距離について考え、そして"フーム"3という言葉がその周りにあったと思います。

[マナヴァ研究員は言葉を止める]

マナヴァ研究員:それは重なり合っていました。それが起こっている間、私の頭の中に他のものが入ってくることはありませんでした。私は恐れていたのか、それとも何らかの方法で侵害されていることについて考えていたのか分かりません。そして何が奇妙だったと思いますか?

マヌ13:何が奇妙でしたか?

マナヴァ研究員:それについて考え直してみると、それは…それは私が覚えている間には再び起こりませんが、いくつかの同じ考えを感じることができます。いえ感じるのではなく、ほとんど感じるということです。まるでたった今起こったことを思い出すように。

マヌ13:それは奇妙なことです。これはグリーボスキーとハルヴォルセンの話と一貫性があります。

マナヴァ研究員:それは…それは今では違ったものになりました。ただそれについて話しています。それは 読者の保護のため記録を改変 いらいらします。まるで何かをほぼ思い出したのに、十分ではないかのようです。

マヌ13:それは奇妙なことです。これはグリーボスキーとハルヴォルセンの話と一貫性がありません。


.
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。