SCP-248-JP
評価: +68+x

アイテム番号: SCP-248-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-248-JP-1はサイト-8017の収容ロッカーに保管されています。SCP-248-JP-2はポリタンクに詰めた状態でサイト-8181内の冷蔵庫に保管されています。冷凍庫の室温は摂氏-15℃を維持、凍結した状態を保ってください。

概要: SCP-248-JP-1は「アンチマヨネーゼ!」とタイトルされた製作会社及び出演者不明のDVDです。DVDは寸法135mm×190mm×15mmのトールケース型パッケージで、表紙には一般的なチューブ型容器のマヨネーズに大きな赤い×印のイラストが描かれています。SCP-248-JP-1の容量は4438MBで、133分間映像を再生することが可能ですが、再生時間は32:14程度で大幅な空き容量があります。DVDの内容は、白無地の空間に人間のシルエットだけが撮影され、3名の人物が身振り手振りで発言を行います(詳細は「アンチマヨネーゼ!」-音声ログを参照)。

SCP-248-JP-1を人間が視聴し、マヨネーズを摂取するとSCP-248-JP-2へ変化することが判明しています。Dクラスを使った実験により、音声のみの視聴は活性化の影響はありませんが、無音状態の視聴でもSCP-248-JP-2へ変化することが判明しています。途中視聴・中断した場合でも活性化の影響を受け、SCP-248-JP-2へ変化した人間はこれまで元に戻った例はありません。

SCP-248-JP-2はマヨネーズへ変化した人間です。SCP-248-JP-1の視聴後、マヨネーズを摂食した瞬間、視聴者の肉体は重力に関係なく50cmほど浮上、直径約3mの円を描き、高速で回転します。回転は2時間かけて行なわれ、視聴者はSCP-248-JP-2の実例となります。SCP-248-JP-2の成分と見た目は摂取したマヨネーズに依存し、総量は視聴者の体重と同量分のマヨネーズが生成されます。SCP-248-JP-2には発話能力があり、Dクラス職員を用いた実験では、変化する前の意識や記憶を所持しており、SCP-248-JP-2をそれぞれ個別に分離した場合、分割した分だけ視聴者の人格が存在し個別に記憶や意識を有していることが判明しています。

SCP-248-JP-2は他者が摂食しても肉体的な害はありませんが、消化サイクル中、便となって排出するまでの間、視聴者の声が体内から発せられます。この時摂食者の体内に存在するSCP-248-JP-2は、主に精神的な消化される苦痛を摂食者に訴えます。なお、SCP-248-JP-2を食した摂食者の便の成分を調査した結果、異常な成分は検出されませんでした。SCP-248-JP-2は摂食よる消化以外に消費する方法はありません。詳細はSCP-248-JP-実験ログ-1を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。