SCP-2495
rating: +5+x

アイテム番号: SCP-2495

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 機動部隊ρ-93("ソーカルじゃないと言ってくれ")は現在、学術文献内に存在するSCP-2495の複製を除去することを義務付けられています。同機動部隊は発行に関わった個人を拘留し、記憶処理を施します。SCP-2495の保存用コピーが財団内の危険文書データベースに置かれており、レベル2以上のクリアランスを有する職員はその一部抜粋を閲覧することが可能です。

SCP-2495-Aはサイト-43の標準人型収容房に置かれます。SCP-2495-Aと対面する研究員は支給される全身保護服を着用し、SCP-2495-Aが予知能力を有害な形で行使することを防止します。これに加え、事象の予知による過度の精神的負荷を回避する為、研究員は自身や自身が関与する事象についての予知の内容を知らされません。

SCP-2495-Aは現在、異常能力に由来する不安症と不眠症の治療を受けており、担当の精神科医(現担当は人型異常実体スペシャリストのアディレー・カイヤム博士)との週例の面談が義務付けられています。

説明: SCP-2495はジェームズ・ジョイスの小説『ユリシーズ』の新規解釈を述べた論文です。SCP-2495はトリニティ・カレッジの学生であったマーナ・キャラハン(現SCP-2495-A)によって投稿され、Journal of Modern Litrature誌上で初めて発行されました。本文では、言語学の観点から同小説を自然言語処理1を含む複数の先進情報技術を用いて分析しています。分析に基づく主張を通じて、現代アイルランド人とゲール語の関連が論じられています。

SCP-2495の全文を読み、内容を理解した対象は、強力なパターン認識能力を数か月かけて獲得します。初期段階では、数列等の単純なデータから規則性を見出す能力しか見られませんが、時間の経過に従って能力は著しく増大します。後期段階の影響者は、疑似乱数生成器のシード値を特定する等、高難度のパターン認識問題を解決する能力を示します。

SCP-2495の影響が進行するに従い、影響者は片頭痛の増加、高血圧、不眠の症状を報告します。これは、影響者に特有の強迫的なパレイドリア現象によるものと考えられています。任意の段階のSCP-2495影響は記憶処理によって取り除かれることが確認されていますが、SCP-2495-Aはその唯一の例外として知られています。

SCP-2495-Aはアイルランド系の27歳の女性です。身長155cm、体重約83kgです。SCP-2495-Aは、SCP-2495の完成以前から異常影響を受けていたことを主張しています。これは、当該実体が居住していたアパートの一室から回収された資料に記されていた事象の結果であると推測されます(補遺SCP-2495-01参照)。SCP-2495-Aに対する異常影響の著しい進行から、一分以上の視覚の行使でさえも消耗性の片頭痛が引き起こされます。症状の軽減の為に防護メガネが提供されています。

SCP-2495影響者に共通の能力に加えて、SCP-2495-Aは微弱な予知能力を有し、当該実体はこれをSCP-2495の長期的な曝露によるものと主張しています。ある人物にとって固有の意味を持つ物品がSCP-2495-Aの視界内に存在する場合、同実体はその人物が3時間以内に関与することになる事象について正確な予言を行うことが可能です。予知内容の具体性は、視界内にある物品の数と、その人物にとっての物品の重要性に比例します。

なお、SCP-2495-Aは自身が経験する、または自身が関与する事象の予知を行う能力を持ちません。これらの追加的な能力がSCP-2495影響の極限段階で生じたものであるのか、固有の要因によるものであるのかは不明です。

補遺SCP-2495-01: 発見と回収された資料

2015年における消失と続く再出現により、SCP-2495-Aは財団に注目されることとなりました。再出現の際、実体は記憶喪失を被っており、クラスA記憶処理薬中毒に類似した症状を示しました。特に、2010年から2015年にかけての記憶の想起が困難であることが確認されました。一方、実体はSCP-2495に由来する自身の異常能力については自覚的でした。以上の性質が確認された時点でSCP-2495-Aは収容下に移され、SCP-2495に暴露した一般人は記憶処理を施されました。

SCP-2495-Aの住居の初期捜索時、SCP-2495の以前のバージョンと思われる6つの文書がノートパソコンから見つかりました。それぞれの文書には、"changelog<バージョンの番号>.txt"という名称のプレーンテキストファイルが付随していました。これらは、SCP-2495の制作過程でSCP-2495-Aが残したコメントであると考えられます。各文書の内容は以下の通りです:

番号 変更日時 バージョンの要約
1 2011-06-13 自然言語処理プロジェクトに関する学位論文のアウトライン。収容以前のSCP-2495-Aが、コンピューターサイエンス学位の取得を目的として執筆したと考えられる。論文では、人間によって入力された言語の構文解析の精度を、パターン認識アルゴリズムを用いて改善する手法を詳述している。また、同目的に沿った疑似コードが記述されている。疑似コードの大半は不明な省略文で占められており、意味を見出すことは極めて困難である。
番号 変更日時 バージョンの要約
2 2012-01-13 概ねバージョン1と同様であるが、一部の節題が破損している。前述の疑似コードを含む節は大幅に書き加えられている。タイトルページでは、文書の著者としてSCP-2495-Aと共にナタリア・イアヌッチの名が挙げられている。イアヌッチは3年に渡ってトリニティ・カレッジに在籍していたが、不明な原因で消失している。財団の調査が進行中。
番号 変更日時 バージョンの要約
3 2012-01-15 バージョン1に記されていた章の一つ。題目は「ソロモノフの帰納推理に基づくコンセプトの実践的適用」。ソロモノフの帰納推理2を実行するコードの紹介を意図していたと考えられる。コードを含むはずの節は、著しく破損したデータと他の人物による『ユリシーズ』の批評文から抜粋した文言で占められる。
番号 変更日時 バージョンの要約
4 2013-12-01 ジェームズ・ジョイスの『ユリシーズ』のPDF形式の複製。テキストはプロジェクト・グーテンベルグの版と同一。プロジェクト・グーテンベルグ版との唯一の相違は、複数個所に渡ってメタデータが編集されている点である。いずれの編集も機能的に意味を持たない。
番号 変更日時 バージョンの要約
5 2014-05-25 PDFファイルの中には、数百のスキャンされた手書きメモと、『ユリシーズ』のコンピュータ分析から得られた統計資料の印刷物が含まれる。複数の手の解剖図の他、SCP-2495-Aが所有していたトラベルガイドに記されていたサグラダ・ファミリアの説明文からの抜粋も含まれる。複数の五回対称性のフラクタル図が、手書きのページにおいて目立つ形で描かれている。『ユリシーズ』の語はたかだか12ページでしか言及されず、残りの部分は小説を『第四の不完全資料』と呼称している。
番号 変更日時 バージョンの要約
6 2014-09-10 現在のSCP-2495と同一。

SCP-2495-Aのコンピュータには、2014年9月11日以後のデータが存在しないことが確認されています。データの不在の原因は不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。