SCP-250-FR
評価: 0+x
Sadako.jpg

SCP-250-FRの初期位置。

アイテム番号: SCP-250-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-250-FRは、被験者が新たに実験を行えるように防弾ガラス製のカバーの中に保管し、このカバーは4m x 4m x 4mの収容室に収められます。当オブジェクトへのアクセスはレベル3クリアランスを有する職員および、SCP-250-FRと相互作用する資格のあるDクラス職員に制限されます。

説明: SCP-250-FRは10cm x 10cmの、組成不明の一枚の白い紙片です。この紙片は文字や記号の一切書かれていない白紙ですが、例外的に、紙片の隅には日本語で「暴力の天使に抗して、静寂の悪魔より」という一節が見受けられます。あらゆる道具を使用して、この紙に何か書き込むことを目的とした試行は全て、インクが紙に全く染み込まずSCP-250-FRの表面を流れ去るばかりであったため、実を結ぶには至っていません。SCP-250-FRは断裂、裁断、火、およびあらゆる破壊行為に対する耐性を有しています。

SCP-250-FRを観察した者は誰であれ、唯一視認可能なものとして、日本の表意文字である漢字のみを見出します。対象となる個人がその意味を理解出来ない場合、後にその意味合いに気が付くことがない限りSCP-250-FRの影響を受けることはありません。対象はその後、さまざまに変動する期間のあいだ、深い集中状態に入ります。対象となる個人の文化的素養の度合いが低いほど、この期間もより長いものになると推定されています。対象は我に返ると、自身が高い評価を置いている第三者、大抵の場合は近親者を探し始めるか、あるいはその人物に話しかけることが出来るようになるまで長い緘黙状態を維持します。その後、対象はこの第三者に、自身の母語で構成された俳句形式の詩を読み聞かせます。この詩はおそらく対象が読んだ表意文字の意味を隠喩化したものとなっています。その意匠が対話者の頭の中で理解された場合、対象はSCP-250-FRの影響から自由になり、多大な安堵感を表明します。そうでない場合は、例え事実とは裏腹に、意匠を呑み込んだという印象を対話者に与え得たとしても、対象は度外れた感情的苦悶の状態に陥ることになります。

その瞬間、元々の組成はそのままに、対象の体組織は紙のそれに似た物質的特性を獲得します。対象はこの時、自らの四肢を全て用いて、自身の肉体を変形させて複雑な形に折り畳みます。数分後に対象は、この詩から発展した想念を正確に反映した、端正な折り紙の姿を取ることになります。対象はその後、血管の切断により引き起こされる多数の出血、骨折や筋肉の断裂および、生体組織の捻転などによって死亡します。

注: SCP-250-FRから得られた全ての俳句の比較を行った所、それらは以下に示す詩のアナグラムとなっていることが証明されました :

禎子へと
贈る平和の
千羽鶴

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。