SCP-250-KO
評価: +6+x

アイテム番号: SCP-250-KO

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 対象がすべての人間から発生する可能性があることを前提とし、対象が発生する可能性のあるすべての人為的環境を破壊します。またオンラインネットワークで、対象が発生する可能性のあるアルゴリズムを定期的に削除します。電子機器、出版物、メディア、アートなど、すべてのメディアで対象と関連している語句は挿入が禁止されており、各国の中央図書館と政府に派遣されたエージェントが、これをリアルタイムで監視、及び削除します。

対象から派生したオブジェクトの場合、民間人との接触が懸念されるため可能な限り早期に隔離しなければならず、オブジェクトと直接あるいは間接的に対話した民間人とエージェント及び人員にはAクラス記憶処理を行わなければいけません。収容された個体は指定された時間内の研究をした後終了されます。 繁殖の可能性があるので個体の研究期間および終了時間は厳格に守られなければなりません。 個体が教育および再社会化が可能だと判断される場合、個体を他の個体から分離、隔離させて一定期間の間教育する過程を経ます。個体は民間人から隔離されると同時に即時終了されます。

説明: 対象は現在の財団によって ‘乳児共通言語(Infantile Common Language)’と命名された言語体系の一単語で発生する現象です。

その言語システムは現生人類であるホモ・サピエンス・サピエンス(Homo sapiens sapiens)が生まれると同時に基本的に習得する言語体系であり、これはカール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung)が主張した「集団無意識」と非常に密接な関係があることが確認されました。該当言語体系は非常に単純な文法体系と極度に制限的な単語種類の数で形成されています。パパやママ、ご飯、痛いなどがその例で名詞や動詞、形容詞の制限的な活用だけで対話の成立が成り立ちます。以後精神の発達と体系化された言語習得過程を経て該当言語体系の文法に対する知識は消滅しますが、該当単語は残存し他言語内で維持したり変形されて使われます。

対象が発生した場合、対象が発生した個体は‘乳児共通言語’で最も重要な位置を占めると同時にすべての言語体系で最も基本的な単語構成要素になる☐☐☐ ☐☐☐ [☐☐'☐☐ ☐:☐]を忘却することになります。一般的に、対象は出生後から10〜15年の潜伏期間を有し、主に思春期に、対象が発生することになります。☐☐☐☐☐☐を忘却しても非言語的日常生活は無理なくできますが、☐☐☐☐☐☐と接触する場合は、その単語の知識が全く無く、その単語の理解や使用が不可能となります。☐☐☐☐☐☐を部分的に知っている場合もありますが、非常に高い頻度で対象を全く知らずにいることが分かりました。対象が発生した人物は、SCP-250-KO-1とされます。

SCP-250-KO-1は、他人と会話を交わした際☐☐☐☐☐☐が出てきた時、その単語を初めて聞いたという反応と共に☐☐☐☐☐☐の存在を否定します。健常者がSCP-250-KO-1と接触した場合には、非常に強い心理的衝撃とSCP-250-KO-1に強い恐怖を感じるようになります。これは前述した集団無意識で同じ種との知識を共有しそれが不一致した場合に感じる本能的な警告が主な原因であることが把握されています。これらの恐怖は、通常正常にSCP-250-KO-1から本能的に離れるように誘導し、時にはこれらの危機感と忌避傾向はSCP-250-KO-1とその周辺のための強力な暴力性や殺人欲求を呼び起こすことが確認されています。 SCP-250-KO-1に長期に渡って暴露された人は、急性ストレス障害や統合失調症を起こし、心理療法が不可能段階に発展した場合には複合的な心理的損傷により死亡に至ります。

SCP-250-KO-1に☐☐☐☐☐☐を覚えさせることは全く不可能です。現在までに████人のSCP-250-KO-1が確認され、そのオブジェクトに実施された「☐☐☐☐☐☐教育」のうち成功した事例は1件もありません。歴史的にも関連事例や記録はありませんが、古代の場合☐☐☐☐☐☐を知らない人間は悪魔や怪物の子とされ即決処刑に処せられた後、関連記録を削除したためと考えられます。例えばバチカン市国の██保管基地内極秘書類保管所で最も高い評価で保管されている████████書類での宗教裁判の最後の尋問質問は「☐☐☐☐☐☐を知っているか知らないか」です。この質問に分からないと回答した場合には、裁判を受ける囚人だけでなく、セキュリティを維持するために質問した尋問官の両方に最高刑である[削除済]のプロセスを介して処刑していました。

SCP-250-KO-1から伝播した他の個体でも対象が発生したと見られます。さらにSCP-250-KO-1の場合、青少年期には☐☐☐☐☐☐に対する知識が若干あるがSCP-250-KO-1の子は99.9%の割合で出生直後から☐☐☐☐☐☐に対する知識が一つもない事が明らかになりました。これは対象が発生する人間は正常な人と違った突然変異個体であることを立証すると同時に、周囲環境と正常な人との接触を通じて☐☐☐☐☐☐に対する教育の可能性を見せました。そのため、財団では☐☐☐☐☐☐教育の開発を継続的に行うとともに、現在までに☐☐☐☐☐☐の教育方法が皆無であるため関連する収容プロトコルを必ず実施しなければなりません。関連教育過程を廃棄し、個体を即時終了する。 付録SCP-250-KO-Aを参照。

補遺 SCP-250-KO-A

発信日: 19██年█月█日

差出人: サイト-██管理者 キャノピー博士

現在進行されている☐☐☐ ☐☐☐教育過程に問題があると考えます。 施行されている教育過程は大きく三種類で構成されていますが、長期間の☐☐☐ ☐☐☐教育団体訓練、1対1過程を通じて施行される短期集中訓練、そして催眠と薬品を動員した直接教育などがあります。 ところで短期集中訓練の場合、反復学習に伴うある程度の成果がありましたが、残りの教育過程の場合、これと言って特別なところがありませんでした。これは私たちが類人猿や類似人種に対して単純な言語や算数などを教えた時現れる結果と同じです。

これに伴いSCP-250-KOが発生した人間は単純にSCP-250-KOによる精神的な欠陥がある人間ではないということが明らかになりました。すでにDNA分析が終わったこれらの染色体が二十五組ということも明らかになりました。もちろん単純にダウン症候群(Down Syndrom)のように遺伝子に直接的な影響を及ぼすSCPが発生した可能性も少なくとも残っています。ですが私たちが調査を終えて得た結論はそのような可能性が0%であるということを意味します。これらは最初から分化して別に隔離された生物なのか、でなければSCP-250-KOの影響により遺伝子変移が起きたのかは分からないです。ですが私たちは後者を支持します。判断は皆さんがすることでしょう。つまりはSCP-250-KOの影響を受けてSCP-250-KO-1に変移した生物は現生人類と全く違うまた他の人種ということです。

過去██年に収集されたデータによると、これらが健常者と交配する場合、非常に高い確率でSCP-250-KO-1が出現します。そして現在彼らの繁殖過程でSCP-250-KO-1は現生人類を吸収していると結論に到達しました。これらがどのくらい繁殖しているのか知ることができませんが、すでに多くの人類と呼ばれる生物はすでに人間ではありません。正確に言えば、ホモ・サピエンス・サピエンス(Homo sapiens sapiens)以外の何かという意味です。それが他の人間種かも、または全く別の生命体なのかは確認されていません。

[削除済]

ご覧のように、SCP-250-KO-1が正常者の間で発生した場合、その混乱は私たちが今まで予想してきたどのようなシナリオよりも強力かもしれません。SCP-250-KOが発生し☐☐☐☐☐☐を知らないSCP-250-KO-1に正常者が接触した場合は、正常者に内在した心理的な恐怖と暴力性が同時多発的に発現され制御不能の状態となります。████年基準で作成されたレポートによると、都市内で1000人以上の健常者がSCP-250-KO-1に接触した場合には、50日以内に70%に相当する世界の政府システムが麻痺し、500万人を超える死傷者と測定不能な数の難民の発生が予想されます。これは第二次世界大戦当時の被害と似ています。これに対する早急な対処が必要です。

したがって、私は現在財団で施行されているSCP-250-KO-1の捕獲と再教育コースを停止し、関連する収容プロトコルを強化し、すべてのSCP-250-KO-1の終了を要求します。また、☐☐☐☐☐☐を正常者が思い出せないよう☐☐☐☐☐☐に関連するすべての記録を廃棄し、☐☐☐☐☐☐の政府による言論統制を要求している次第です。

要求を承認。関連する収容プロトコルを強化し、この瞬間からSCP-250-KO-1のすべてを終了し、SCP-250-KO-1教育を永久廃棄する。また、☐☐☐☐☐☐に関連するセキュリティを強化するために、財団内ではSCP-250-KO関連書類の閲覧にセキュリティクリアランスレベル5以上のセキュリティ承認が要求され、セキュリティクリアランスレベル3以下の人物がSCP-250-KO関連書類にアクセスすることを禁止する。 - O5-█

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。