SCP-2503
評価: +1+x
5GSXZTn.jpg

初期封じ込め時のサイト-2503の外観。

アイテム番号: SCP-2503

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 移動が不可能であるため、SCP-2503を含むサイトはブレンダン・グリーンウッド氏の名義で財団に取得されました。民間人に対しては建物が危険な状態にあるという名目で進入を抑止してください。

サイト-2503の2箇所の入り口にはそれぞれ2名の警備員が常時配置されます。許可を得ずにSCP-2503-1に侵入したいかなる人物も、80時間以内にSCP-2503-2に再出現しない場合には失われたと見なされます。SCP-2503-2から出現した全ての実体はさらなる尋問と研究のために勾留してください。封じ込めサイトに侵入を試みる部外者は勾留して尋問し、解放の前にはクラスB記憶処理を施さなければなりません。現在、アクセスはレベル2クリアランスを有する研究員に制限されています。Dクラス以外を用いた実験中にはSCP-2503-1を開いた状態に保つべきです(事件2503-Aを参照)。

説明: SCP-2503は、カナダ、ブリティッシュコロンビア州バーナビーのおよそ██キロメートル北に位置している、サイト-2503内部に存在する時空間異常です。サイト-2503は1952年に建てられた住宅で、197█年以降居住者はおらず現在は荒れ果てた状態となっています。前所有者は197█年に行方不明が宣告されています。SCP-2503が位置する部屋は2階の主寝室で、SCP-2503-1と指定されます。SCP-2503の異常特性は、何らかの人物がSCP-2503-1の扉から室内に入った際にのみ活性化します。SCP-2503-1の窓など別の場所からは空の部屋しか観察されません。しかし開いた扉の側からは、明確な光源のない薄暗く照らされた空の下で一直線に伸びるコンクリートタイル製の小道を見ることができます。この空間はSCP-2503の内部空間だと想定されています。

SCP-2503の存在が発見された切欠は、199█年██月██日の朝に現地の警察がサイト-2503から銃声を聞いたという報告を受け取ったことです。警官チームの調査でガレージから30代男性の死体が発見され、この人物は3日前に行方不明となっていたバンクーバー在住の建築デザイナー、ヘンリー・██████であると後に確認されました。後の検死解剖で死因は自殺だと結論されました。サイト全体の探索中に警察はSCP-2503の存在を発見し、潜伏エージェントによる通知を受けた財団は直ちに事態を引き継ぎ、住宅は封じ込めサイトに転換されました。

観察から、SCP-2503内部の時間と空間は人間の通常の理解と異なった振る舞いをすることが示されています。その特性のため、SCP-2503に進入した被験者は内部空間で加齢することはありません。被験者は時間の経過を知覚しますが、実際にそれが発生することはありません。SCP-2503内での移動速度が時間の経過に影響を与えることもありません。

SCP-2503内部に伸びる小道がどのくらい長いのかは不明です。ガイガー-グレゴリオアルゴリズムによってサイト-2503のガレージ内の小さな倉庫(SCP-2503-2と指定)で時空間歪曲が検出され、これがSCP-2503-1まで辿られたことによってSCP-2503がSCP-2503-1からSCP-2503-2に繋がっていることが確認されました。現在、SCP-2503-2はSCP-2503-1の既知で唯一の出口です。

補遺2503-001: 事件2503-A

日付: 199█/██/██
概要: 初期封じ込めチームがサイト-2503に到着した際、エージェント・███████は単独でSCP-2503-1に突入しました。彼は無線機を通じて、SCP-2503-1の扉が背後で偶発的に閉じて視界から消失し、どこにも見当たらないことにショックを受けているとを表明しました。SCP-2503-1外部の封じ込めチームは直ちに扉を開きましたが、エージェント・███████は突入以降移動していないことを主張しているにもかかわらず、その姿はどこにも見当たりませんでした。エージェント・███████は無線機を介して「少し歩いて、これがどこに繋がっているか見に行く」と主張しました。しかし通信はすぐに途切れ、それ以上の接触を確立することはできませんでした。このためエージェント・███████は行方不明と宣告されました。

補遺2503-002: SCP-2503内に関して行われた実験

実験1
被験者: 内蔵GPSとカメラを備えた半自律ドローン
結果: ドローンはSCP-2503-1内部に送られ、扉を閉じた後に映像と音声を送信し始めた。この時点でGPSの位置座標は追跡不能となり、直後に停止した。映像から、コンクリートの小道が距離によって変化することはなく、視認可能な実体が他に存在しないことが示された。注目すべきことに、ドローンの電池は6時間しか持たないものであったにもかかわらず、39時間後に未知の原因によって信号が途切れるまで稼働を続けていた。

実験2
被験者: D-029-271。完全に充電された無線機、標準探査キット、3日分の十分な食料を所持
結果: D-029-271はSCP-2503-1内部に送られ、小道に沿って歩きあらゆる発見を報告するよう指示された。実験の間中、無線機は通話状態に維持されていた。最初の30分には何事も起こらなかった。しかし外部の研究チームがD-029-271に休息を取るよう促すと、彼は疲れも空腹も喉の渇きも感じていないことを報告した。彼はたった30分しか経過していないことに対して驚いており、「何時間どころか何日も過ぎたようだ」と応答した。実験開始からおよそ53分後に無線機はSCP-2503内部からの干渉を受け始めた。全ての通信は56分後に途絶えた。D-029-271はこの時点で失われたと見なされた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。