SCP-2508
評価: +2+x

この文書にはクリアランス制限がありません

また、O5-7の命令により、保安上の注意事項は免除されています


house1.jpg

SCP-2508

アイテム番号: SCP-2508

オブジェクトクラス: None

特別収容プロトコル: その異常性質のため、SCP-2508の収容の努力は建物自体の維持、起源と意義に関する研究、そして日課の維持に焦点を置きます。

現在の居住者は、記録日誌に自分の名前・財団ID・所属を追加してください。SCP-2508-1は毎日正午に充填されるべきであり、月単位で亀裂や漏れを点検し、結果に応じて修理してください。SCP-2508-2の正面にあるハッチは悪天候時と冬期間には閉鎖します。

SCP-2508は良好な状態に保たれるべきです。アーカイブは常に整理します。食品や薬といった全ての必需品は毎日補充されることに留意してください。

また、現在の居住者はSCP-2508に関して発見した全ての事柄を記録します。加えて、それ以外の思考・経験および/または関連性を持つと思われる夢についての目録を作ることも奨励されます。これらの記録は簡潔であることが必須条件です。不完全なデータや断片的情報も、将来の住民にとって役立つ可能性がある研究分野に関連する知識を含め、許容されます。

現在の居住者は幸福な精神状態を維持するよう心掛けてください。対象の詳細については研究資料を参照してください。最後になりますが、この文書の最新版を常に、ドアの傍にあるテーブルの上の、ラミネート加工されたケースに差し込んでおいてください。

説明: SCP-2508は不定な位置に存在するコテージ形式の家屋と、その周囲0.53km2の地所です。家は二階建てで、その他に地下室と屋根裏部屋があります。SCP-2508は毎回1名の個人によって意図せず発見されており、過去の居住者たちは様々な街・別々の国・大きく異なる状況下でこの家に遭遇したと記録しています。SCP-2508の設計者や本来の住人は(仮に存在したと仮定して)現時点では正体不明です。

SCP-2508の内部には一度に1人だけが存在可能です。しかしながら、その人物は入場した時点で脱出が不可能になります。これは、問題の人物がSCP-2508の地所の端から退出すると、その地所の反対側から再入場してしまうという事実によるものです。このループした ― 或いは再帰性の ― 地理空間はSCP-2508からの脱出を阻止します。この時点で読者はここに書いてあることの意味を理解し始めているかもしれません。ここで明確にしておきますが ― SCP-2508からの脱出が不可能であり、SCP-2508が現実世界に特定の立地を有していないと考えられることから ― 外の世界に情報を送ることは不可能です。予期せぬ出来事が発生しない限り、この文書も含め、SCP-2508に関する全ての資料はSCP-2508の内部に閉じ込められています。

という訳で、貴方がこの文書を読んでいるということは、今や貴方はSCP-2508の現在の居住者だという意味になります。外界における貴方の財団での役職は全て(非公式に)無効になりました。財団はこの場所についての知識を一切持っていないというのが現在の作業理論です。この文書の情報は財団による審査の対象とはなっておらず、SCP-2508による隔離下で生き、そして死んでいった財団職員たち一人一人の知識の集大成なのです。

SCP-2508にはまだ説明の付かない特性が数多くあります。記録されている過去の居住者は全員、クリアランスレベル1以上の財団職員でした。この理由は不明のままですが、(新たな居住者が到着した時のSCP-2508-1の水位を判断材料とする)研究は、SCP-2508の居住者が死亡した場合、その日のうちに新たな居住者が入場していることを示唆しています。貴方の前任者の死因次第では、おそらく清掃の必要があることでしょう1

補遺: 研究記録のアーカイブは、将来的住民のために研究内容を目録化し、コンパイルすることが最も効率的であることを証明しています。しかしながら、此処に閉じ込められた人々の考えを記録する場所もいつかの時点で3設けられたようです。前任者の記録は自由に読んで構いません。以下に例が掲載されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。