SCP-251
評価: 0+x
snowglobe-7.jpg
2001年10月13日のSCP-251
アイテム番号: SCP-251

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-251は、常に鍵のかかったコンテナに入れてください。コンテナには誰も一人で入ってはいけません。もし、誰かが一人で一瞬でもコンテナに残されていた場合、彼らは暴力的な敵そして極度の損害で終了されたと扱われます。

コンテナは常に武装した職員により警戒させ、SCP-251が動き孤独であるために、クリアランスレベルに関係なく誰も入室させないでください。

叫び声、銃声、そして炎の音がコンテナ内から聞こえるでしょう。それは正常です。

説明: 起源は不明です。SCP-251は、何の変哲もない小さなスノーグローブに見えます。SCP-251の同一方向からの一連の写真が、時間経過とともに張り付けられています。これは、少なくともこのスノーグローブが生きていることを示します。しかし、複数人が直接見たとき、SCP-251は絶え間なく続く“吹雪”以外の動きを見せません。SCP-251はサイト19に移動させられてから動かされていませんが、“雪”は落ちるのを止めませんでした。

SCP-251が描く場面は全て暴力的もしくは陰気で、時折空想的ですが、大抵は現実的な残忍性を持っています。

一瞬でも一人でSCP-251と共にいた者は、後に極度な暴力性、他人恐怖症、そして精神的苦痛を見せます。

snowglobe.jpg
1993年11月25日のSCP-251
snowglobe-5.jpg
1997年7月2日のSCP-251
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。