SCP-2511
評価: +2+x
Panoramic_view_of_Lake_Khovsgol.jpg

フブスグル湖定住区(LKSA)

アイテム番号: SCP-2511

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2511個体を収容するため、現在、モンゴル政府の協力の下、フブスグル湖定住区(LKSA)がモンゴル国内に設立されています。LKSAに居住するSCP-2511-A個体はモンゴル国外への移送を行わず、四肢のどれか1つにはGPS追跡ブレスレットを装着しなければなりません。

母国の集落に居住するSCP-2511-A個体は、遠隔操作の水中無人偵察機で監視されます。集落のリストは文書2511-KAを参照してください。

機動部隊カッパ-26(“カッパ・ズールー”)は2部門に分かれています ― K-26-アルファ(LKSA拠点)とK-26-ベータ(サイト-49拠点)です。MTF K-26-アルファは以下の任務を担当します。

  • モンゴルで回収されたSCP-2511-A個体の、LKSAへの再配置の監督。
  • LKSAにおけるSCP-2511-A共同体との連絡係としての機能。
  • LKSAにおけるSCP-2511-A個体の総人口調査の維持。人口調査は3ヶ月ごとに更新されます。

MTF K-26-ベータは以下の任務を担当します。

  • 遠隔操作の水中無人偵察機を介した、母国集落におけるSCP-2511-A個体の監視。
  • 母国集落におけるSCP-2511-A個体の総人口調査の維持。人口調査は3ヶ月ごとに更新されます。
  • 更新(2002/10/01): 思春期前の人間と、SCP-2511-Aの集落が発見された河川との接触の防止。条件を満たす人物が該当する流域と接触した場合、MTF K-26-アルファに通知し、回収のために手順975-シリウスを開始します。

説明: SCP-2511は、およそ1万体のSCP-2511-A個体を巻き込んだ一連の現象を指します。現象の詳細は以下の通りです。

  • 1999年7月8日に発生した大規模テレポーテーション事象。これによってSCP-2511-A個体のうち約1万体が、北部九州(特に福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県)における本来の生息地から、モンゴル各地の水域へと空間転移させられました。
  • 転移させられたSCP-2511-A個体が徒歩または輸送機関でモンゴルを出ようとすると、国境を超えた時点で自然消滅し、モンゴル国内の何処かに再出現します。
  • モンゴル国内と国外のSCP-2511-A個体の比率は、常に前者が後者よりも多くなります。モンゴルにおけるSCP-2511-A個体の人口が国外のそれを下回った場合、前述の比率が維持されるまで追加のSCP-2511-A個体がモンゴル国外から転移させられます。
Kappa.jpg

画家による、1836年に目撃されたSCP-2511-A個体と思われる生物の描写。SCP-2511-Aの歴史的描写の中ではかなり正確なものと見做されている。

SCP-2511-Aは二足歩行かつ水陸両生のヒト型生物種です。肉体的にはAndrias japonicus(オオサンショウウオ)に類似しますが、一方で体毛や乳腺などの哺乳動物の形質も有しています。SCP-2511-Aの平均身長は1.5m、平均体重は60kgです。SCP-2511-Aの母語は言語学的に見て日本語族に関連する未知の言語ですが、大半の個体は日本の佐賀方言を用いた会話が可能です。SCP-2511-Aは本来であれば北部九州の河川に存在する集落に生息していますが、SCP-2511発生の結果、人口の大半はモンゴルで発見されています。

SCP-2511-Aの最も目立つ肉体的特徴は、頭上にある半球状の凹部です。円周は約35cmであり、通常は水で満たされています。凹部の容積の25%未満しか水が含まれていない場合、SCP-2511-Aは全身麻痺を起こします。

SCP-2511-A個体らは当初、モンゴルのボルガン県を流れるオルホン川の土手に沿って発見されていました。その後の調査によって1万体以上のSCP-2511-A個体の存在と、それらがフブスグル湖の南岸に最も集中して生活していることが判明しました。LKSAに住むSCP-2511-A個体へのインタビューを通して、日本にある母集落も大よその位置が特定されました。

補遺2511-1: 以下は、水中無人偵察機を介した観察を基とする、北部九州で特定されたSCP-2511-A集落の報告書からの抜粋です。

SCP-2511-A個体たちは専ら、古墳時代の墳墓に似た水中建造物の建設に従事しています。しかし、これらの墳墓には死体が存在せず、代わりに個人の所持品が収められているようです。

補遺2511-2: 以下はSCP-2511-Aの共同体において知識階級と見做されているSCP-2511-A-0126(“筑後の河猿”)とのインタビューです。

補遺2511-3: 2002/██/██、6歳の日本人男児██████ ████が筑後川に転落した後、行方不明になる事案が報告されました。事件の3ヶ月後、ウランバートルの孤児院で██████ ████に似た子供が目撃されました。孤児院の管理者は、問題の子供は2002/██/██に近くの川沿いで漁師に救出された者であると主張しました。発見日は██████ ████が筑後川に転落したと報じられた日付と一致しました。

DNA鑑定で子供は██████ ████と断定され、親元へと返されました。

これに応じて収容プロトコルが更新されています。更新(2002/10/01)を参照してください。

補遺2511-4: 2007/██/██、MTF K-26-アルファの工作員は、ヒャルガス湖で発見された数体のSCP-2521-A個体が正体不明の人物たちに拉致されたと報告しました。更なる調査は保留されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。