SCP-2513
評価: +7+x
794px-Ilid%C5%BEa_-_Roman_bridge.jpg

封じ込め後のSCP-2513。

アイテム番号: SCP-2513

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2513は、SCP-2513を渡ろうとする非認可人物を勾留する指令を受けた武装職員によって常に警備されます。SCP-2513の周辺10km2は、民間人による利用の可能性を防止するために、自然保護区として封鎖されます。

SCP-2513に関連する情報の低い浸透率を考慮すると、現存する歴史的記録を改竄する必要はありません。まだ目録に載っていないSCP-2513の歴史的記録は、SCP-2513の研究主任に報告してください。

説明: SCP-2513は、イタリア、ラグーザの街の約7km北に位置する1本の橋です。元はローマ共和国によって建設された橋を2006年にラグーザ歴史協会が復元したものであり、その年月の故に崩壊の顕著な兆候を見せています。SCP-2513は、ある人物が南から北に向かって渡る時、紀元前146年まで現代のチュニジアに存在していた都市国家・カルタゴ共和国に対する唐突かつ不合理な憎悪の念を引き起こします。

更なる実験によって、事前にカルタゴの知識を有していない人物は、この効果を北アフリカ中央部およびその地点の現在の住人に対する全般的な嫌悪感と言う形で発現することが判明しました。アフリカ大陸の知識を全く持たない人物には、SCP-2513の効果はわずか、あるいは全くありません。しかしながら、カルタゴの予備知識を持たない人物も、その存在について知らされるとSCP-2513の標準的な効果を示し始めます。

SCP-2513の効果は「カルタゴから来ました」「カルタゴは存在する」といったフレーズなどのごく少ない情報からでも誘発されます。この効果の激烈さは時間と共に減少することが示されていますが、橋を北から南に向かって渡る行為のみが完全にこれらの効果を逆転することができます。

SCP-2513は紀元前253年にローマ共和国によって最初に建設されました。これは表向き、シチリア島において幾つかの戦闘を繰り広げているローマ共和国を支援するため、ラグーザの街からやってくる人々の通行を容易にするためのものです。しかしながら、建築の後、ラグーザの街は島を占領したカルタゴ軍に対して忠誠を移しました。紀元前251年、ラグーザは再びその忠誠をローマ共和国へと戻しました。戦争の残りの期間におけるシチリア島の他いくつかの都市と異なり、これはラグーザが忠誠を移した最後の記録です。

紀元前132年には、SCP-2513につながる道路は、もはやシチリア南部から他の土地へ移動するための主要な手段ではなくなっていました。その他のSCP-2513の歴史的記録は、1693年のシチリア地震に関するウィンセンティウス・ボナユトゥスによる歴史的情報の覚え書きを除けば、ほとんど存在しません。橋の崩落に関するただ一つだけの脚注が、科学雑誌フィロソフィカル・トランザクションズに掲載されたボナユトゥスの記事に含まれています。

しかしながら、注目すべきは、ボナユトゥスが執筆した、カルタゴ共和国の復活の危険性(ムラード朝の支配に対する明確な異議を含む)に関する、いくつかの関連性を持つ未発表論文です。これは記録最古のSCP-2513関連のイベントであると考えられています。

素性不明の石工によってローマ神話の神ヤヌスに関係する彫刻が施された石が、SCP-2513の周辺領域から回収されました。SCP-2513は建設に際してこれらの石をいくつか内包しており、石に関する更なる実験は、オブジェクトに対する理解を深めるために優先されるべきと見なされています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。