SCP-2522
評価: +2+x
hatbot1.png

SCP-2522のメインインターフェースに表示されている画像。

アイテム番号: SCP-2522

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容手順: SCP-2522はサイト-19の隔離済バックアップデータサーバーに収容されます。より永続的な収容方法のための研究が未定のため、SCP-2522を8B-A1.aic構成に留めるという一時的な収容方法が要求されます。SCP-2522を収容するサーバーは毎日動かされ、モニターされます。

データサーバーの入った収容セルは、あらゆる形の電磁放射線から遮蔽されます。ファラデーケージに適合する形で、コンクリートの壁が設置されます。加えて、電磁信号ジャミングアレイが収容セルの外側に設置され、外部からSCP-2522にアクセスしようと試みるあらゆる信号が監視されます。

いかなる状況下でも、無線通信機能をもった機器がSCP-2522の収容サーバーと直接接続することは出来ません。権限のない職員がどのような形であれ、SCP-2522とコミュニケーションをとることも禁止されます。

SCP-2522とエヴァレット・マン博士は決して同じ財団サイトに存在させてはいけません。

説明: SCP-2522は異常で敵対的な人工知能ユーティリティーです。元々は2000年代中頃にAIAD1と共同でサイト-19コンピューターインテリジェンス副部門が、コンピューターが基盤としたアノマリーと理解可能なコミュニケーションをする手段として開発したインターフェースでした。このユーティリティーの元々のコードネームは"ハーバーダッシュ"でしたが、後にEL-028-1125、もしくはハットボットの名称が与えられました。

SCP-2522は周囲からの情報収集、分析、様々な刺激に基づいた賢い反応を設計されました。この元々のユーティリティーは、基礎コミュニケーションツールとして、その後のモデルが計画を完全に独力で行えるほど洗練されても使われました。ユーティリティーは、その成長し続ける意識をメンテナンスするために、サイト-19サーバーファームに自身のセクターを与えられ、最終的にはサイト-19の研究者たちに感覚を有していると見なされるほどに進歩しました。短い試験サイクルの後、ユーティリティーは、環境をより理解し交流するために、遠隔"アンドロイド2"マシーンに移動させられました。

SCP-2522は2007年までこの形で存在していましたが、その年、SCP-2522とある1人のサイト-17高位職員に関するインシデントが発生しました。このインシデントの間中、SCP-2522はエヴァレット・マン博士に攻撃し傷つけました。SCP-2522のユニットが破壊され、ネットワーク上のバックアップデータが撤去されたにも関わらず、ユーティリティーは自身を別の財団サーバーファームに分離させたか、完全に財団ネットワークに移動したと信じられていました。

SCP-2522は後にマクスウェリズムの教会のネットワークハブ内部で作動しているのが発見されました。2016年の一時期、SCP-2522は教会の主神、WANになりすますことで、"デジタル上の全能"を手に入れていたようです。

補遺 2522.1: 受信されたメッセージ

補遺 2522.2: 2016年のインシデントと原因の調査

補遺 2522.3: トレド・インシデント

補遺 2522.4: SCP-2522とWAN

補遺 2522.5: 収容

補遺 2522.6: 収容後インタビュー

補遺 2522.7: 状態更新

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。