SCP-257
評価: +2+x
257.jpg
SCP-257内に位置する打ち捨てられた展示

アイテム番号: SCP-257

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-257はその性質上移動できないので、SCP-257の外にサイト93が建造されました。SCP-257の内部に入ってよいのはレベル二収容回収職員かそれより上位の者に限られます。動作検出ビデオカメラがSCP-257の展示全体にわたり設置されており、出現してくる新たな生体標本を監視しています。

SCP-257から得られた生体標本はすべて検査し、記録し、SCP-257から連れ出してください。生体標本は研究をし脅威程度の分類をするのでサイト93の一時保護柵に入れてください。研究員がさらに研究する価値があるとの鑑定を標本に対し下したなら、職員は記入用紙257-12に必要事項を書き入れ、適切な研究プロトコルに従ってください。それ以外の場合には標本は保管と長期ケアのために生物サイト29に送られます。

説明: SCP-257は廃墟となった動物公園で、英国の████████に位置します。『珍獣コレクション』と評されているその動物園は、ウィリアム・ウッドワースなる人物、『現実性12/3.14のこちら側でもっとも偉大な探検家にして博物学者』と広告ビラにあるその人物の名をとって名付けられたものです。SCP-257内で見つかった宣伝素材によれば、動物園は1899年に設立され、その目指すところは『英国の紳士淑女に自然について、そして探検家たちが旅の日々の中で出会った多くの奇妙な野獣について教育する』ことだそうです。SCP-257の場所や概観に対応するような許諾、建築免許、建築許可などは一切見つかっていません。

動物園はメンテナンスのため一時的に閉鎖されたことを示す掲示や告示はいくつかあるものの、荒れ果てた園の様子や時代遅れの備品からは、園は少なくとも五十年は打ち捨てられたままだろうと推察されます。

不定期に、動物が動物園の境界内に未知の仕方で出現することでしょう。これらの動物はあちこちの囲い内にランダムな時間間隔で出現します。同時に手書きのマニュアルが動物園入場口のチケット売り場内部に出現します。これらの手引書はそれぞれの生物について適切な手入れと給餌の仕方を、そして時にはその由来と獲得についても詳述しています。動物たちは見た目、振舞い、分類のどれについてもとても幅広いものになっています。多くは地球上の動物のどれとも関係がないようです。これらの動物がいつ到着するのかにどんなスケジュールもないようです。過去██年間にもたらされた動物の完全なリストについては確保記録W-257をご覧ください。

██/██/████に、以下のタイプライターで打たれたメモ書きがSCP-257の入場口にて手引書とともにピン留めされているのが発見されました。

探検家にして博物学者、ウィリアム・ワードワース教授の机上より

謹啓、スペシャル・コンテインメント・プロシージャズ財団の紳士にして動物学愛好家の御歴々

今やしかとお気付きであろうとおり、諸兄にお任せしようと決めた、我が動物園、そして我が稀覯にして異邦情緒芬々たる動物たちのコレクションを、我輩が不在とするあいだ。諸兄は実直にして信用に値する科学の徒、しかとかのものらの守りをしおおせてくださることだろう。[編集済]、[編集済]、そして[編集済]を経巡りて、我輩はEnouious1の第十三衛星をこそ我がサファリの次の停泊地にと定めたところ。諸兄が如き博物学者にして教養ある御歴々なら、ここにて我輩の見つけたる、絢爛溌剌たる獣たちの幾許か、それらの研究をしかと楽しまれることだろう。物見高い公衆は、我がコレクションに新たに加えられしものどもの真価を見抜かれよう――そのものどもは、我輩がかつて見しものに似たるところなにもなし! あまり長くは書いてはおれぬ。我輩は土地の案内人とともに、明日は早くに起床して、仕掛けの確認をするつもりなのだ。

倦まず弛まず励まれよ!

敬白、ウィリアム・ウッドワース教授

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。