SCP-258
評価: 0+x
frog.jpg

メイン州██████████、回収前のSCP-258

アイテム番号: SCP-258

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-258は、サイト-15の管理人に許可された者のみが入れる、キーカードロックをされた標準の貯蔵室に保管してください。SCP-258は、2m×2mの水盤の中に入れ、週に二回、承認されたDクラス職員によって水盤を空にしてください。SCP-258に接触する全ての職員は、月に二度のペースで交替してください。SCP-258に、方法に関わらず直接的で有害でない使い方をしている間、使用者は、猛烈な物足りなさを訴え、もう一度使いたいという欲求を表します。SCP-258に接する全ての職員は、潜在的な精神の不安定を防いでください。

事案258-1発生後、清掃職員はSCP-258に接触する場合に軽装危険物用防護服を支給されるようになりました。

説明: SCP-258は、メイン州██████████で、地域に住む子供たちの間で広がっている'悲しむスプリング蛙'の噂は本当ではないか、という親の報告により回収されました。エージェントF███がその物体の性質を確認し、財団の職員がレプリカと取り換えました。

SCP-258は、単純なスプリング遊具に見え、小学生用の緑色の蛙の形を模し、左右両側にハンドルが付けられた外見をしています。SCP-258の乳白色の瞳からは、白い塗料が顔に滴り流れており、泣いているように見えます。SCP-258の物質を取り除く数多くの試みでは、緑の塗料は通常の塗料を剥がす方法で取り除けましたが、後にSCP-258-1と呼称される白い塗料は剥がせず、薄くすることができるのみでした。試みは、時間の長さを利用し、感情的な負担の大きさを‘和らげる’ための様々な要因が含まれていることを観察しました。

SCP-258に絶えず見られるSCP-258-1の‘涙’は、一時間ごとに約0.12リットルずつ流れます。被験者がSCP-258に座り、ハンドルを握り、前後に揺れ始めると、彼らは平和と満足感で心が洗われると報告します。被験者の精神状態に関連して、SCP-258の‘目’から漏れ出るSCP-258-1の量が増加します。SCP-258-1は、SCP-258を使用している間中液体として残り、地面に滴り落ちるでしょう。一度席から離れると、SCP-258-1を取り除くことはできなくなります。実験の後、白い塗料は人間の涙とアメリカウシガエルの皮膚分泌液の混合物であると断定されました。SCP-258がどのようにSCP-258-1を生成しているかは不明です。被験者が座り続けている限り、直接効果を受けるだけで済みますが、数名の被験者は、永続効果として慢性的な憂鬱を受けたと報告し、それはSCP-258に乗ったことに起因すると‘自己洞察’しました。

SCP-258の使用を繰り返すと、被験者は少々夢中になります。エージェントW████████は、自制心を取り戻すために取り押さえ、叩かないといけませんでした。精神的に不安定で、激しい憂鬱を示す被験者がSCP-258を使用した場合、どれほどの手におえない量のSCP-258-1を流すのかは未確認で、実験は保留中です。

追記258-1: SCP-258-1に皮膚接触を繰り返していたD-3354が自殺した後、その物質の直接効果について再実験が行われました。液体に触れ続けると、SCPを使用した際の精神的抑圧が移動すると見受けられます。先の使用者である被験者は、[削除済]から回復していると再評価されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。