SCP-260-FR
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-260-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-260-FRは、破壊または強制的な開放が試みられた場合に警報を発するよう安全措置を施したガラスケースの中に保管します。SCP-260-FRに関するあらゆる実験は、レベル3またはそれ以上の職員による申請が必要となります。実験時以外にSCP-260-FRに何らかの干渉を行う職員は、バイザーの付いたヘルメットを装備しなければいけません。Dクラスを対象とした実験は常時監視カメラでの観察が行われます。最後の観察以降、SCP-260-FRの効果の増幅を可能な限り回避するため、SCP-260-FRに関する実験は停止されています。

SCP-260-FRの影響を受けた職員は、いずれもAクラス記憶処理薬の投与後に医学的監視下に置かれ、2時間の観察が行われます。対象の精神状態が回復した場合は、この対象は健全であると判断しても構いません。そうでない場合、対象は終了しなければいけません。

説明: SCP-260-FRは高さ52cm、重さ約3kg、直径15cmの木製の灯台の模型です。この灯台は二つの階層から成り、青と白の帯状の縞模様が付いているほか、その頂きには赤い木製の円筒形で表現された炎があります。灯台には彫刻による装飾が付されており、この装飾は荒れ狂う海と、波に逆らって泳ぎながら灯台まで辿り着こうとする5人の人物(SCP-260-FR-1と呼称)を表現しています。

SCP-260-FR-1をガラスや鏡、または防犯カメラ越しに観察しても影響は一切表れませんが、SCP-260-FR-1を直視した全ての人間は、既に検証済みの様々な影響を受けます。対象者は、自身が海の只中にいると確信しているような様子を見せ、現実環境とのいかなる接点も喪失します。またSCP-260-FRの灯火を起点とする眩い光を知覚します。

その効果に関する実験は、いずれの被験者に対しても次のような結果を齎しました :

  • 多大な恐怖と混乱の念
  • 体温の低下
  • 肺の内部への不可解な水の出現
  • 問題の光への接近に関する抗し難い欲求

対象者は、この光の範囲内では安心感を覚えるものと思われます。光源を視認した場合、被験者は全力を尽くしてこの灯台にしがみ付き、第三者による干渉がない限りは、疲労から死に至るまでこの状態を継続します。SCP-260-FRの効果は対象を眠りに就かせることで停止させることが出来ます。

対象者の大多数はSCP-260-FRの影響を受けた後、多くの精神疾患を発症しています。彼らは恒常的な恐怖と苦悩の状態を保ち、問題の光に再び接触しようとして多大な暴力性を示したり、果てはSCP-260-FRの収容室に向かうために暴力を行使することもあります。Aクラス記憶処理を使用した場合、75%のケースでこれらの精神疾患を除去することが可能です。現在、被験者の精神病歴がこの割合に影響しているという仮説が検討されています。複数の実験で、体重および被験者の血中に存在する酸素分子の異常な喪失が示されており、この喪失はSCP-260-FRと接触を持ちつつ経過した時間に比例しています。特筆すべきことに、こうした観察が持たれて以降、SCP-260-FRの放つ光は光度を著しく上昇させており、またその色に関しても、明るい黄色から鮮烈な赤へと移行しています。このためSCP-260-FRは、人間との接触を通して進化してゆく可能性があると見られています。

SCP-260-FRは2016/07/27、████市に存在する、SCP-260-FRの影響を受けて5人が死亡した民家で発見されました。包装紙やケーキなどの存在が、その日がこの家族にとって特別な日にあたることを示しており、後に父親の誕生日であったことが判明しています。

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。