SCP-260-JP
評価: +17+x
s260.jpg

鉛筆から発生するSCP-260-JP-α

アイテム番号: SCP-260-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-260-JPは標準人型オブジェクト収容室にて収容されます。木本植物を使用した製品(木、天然樹脂を原材料とした物品、顔料、樹皮を用いた繊維や染料が使用された衣類、リグニンを使用した接着剤、紙製品)は絶対に収容室内に持ち込まないでください。担当職員とSCP-260-JPには下着から靴下まで、化学繊維100%の専用ウェアを貸与します。施設内で主に使用される野菜、木の実類、茸類は安全であることが確認されているため、SCP-260-JPの食事に加えても構いません。

収容室への入室前には私物をロッカーに預け、入浴と、専用ウェアへの着替え、エアシャワールームの通過が義務付けられます。SCP-260-JPには毎日の日本語教育と、毎月1回の健康診断を行ってください。

実験などで発生したSCP-260-JP-αは、研究の必要がある個体は、大きさや性質に応じてハイドロカルチャーやプランター、または十分な強度を持った特別収容ケースに保管し、その他の個体は焼却処分してください。

事件-260-JPを受け、収容プロトコルが改訂されました。収容室へ入室する職員は、72時間前から特定の食品の摂取の制限を受けます。SCP-260-JPの精神的なケアのため、SCP-260-JPが不安感を示したら、速やかにカウンセラーと専門医を派遣するようにしてください。

説明: SCP-260-JPは、少なくとも日本には出生の記録がない詳細不明の人物で、20██年の時点で15歳程度の女性の外見をしています。SCP-260-JPは言語を習得していないことに加え、収容以前の記憶がなく、本名や両親、国籍は不明ですが、容姿に欧州人の特徴が見られ、現在本部と欧州の支部にてSCP-260-JPの出生について調査されています。(なお、現在のSCP-260-JPは財団職員による教育によって一般的な小学生低学年程度の知識を習得しており、簡単な日本語での意思疎通が可能です)

SCP-260-JPの特異性は、SCP-260-JPの半径およそ1mの距離に、木本植物の幹や枝といった木質化した部位や、木材を使用した製品(以降、対象と呼称)を近づけた際に見られます。SCP-260-JPに近づけられた、またはSCP-260-JPが近づいた対象からは、季節や温度を問わず様々な植物型の実体(以降SCP-260-JP-αと呼称)が新しく繁茂します。SCP-260-JPの影響下にあるSCP-260-JP-αの生長の速度は一般的な植物よりも遥かに速く、木本のSCP-260-JP-αであれば24時間で3~4mほどの高さにまで生長することが確認されています。SCP-260-JP-αの生長はある一定の時点で停止し、無限に生長し続けることはないようですが、木本SCP-260-JP-αの木質化した部位は新たなSCP-260-JP-αの“苗床”の対象となります。

SCP-260-JP-αの“苗床”の役割を果たしている対象をSCP-260-JPから遠ざける、またはSCP-260-JPが遠ざかると、SCP-260-JP-αは生長を停止し、その後放置した場合、養分不足により枯死します。SCP-260-JPの影響下にある間、SCP-260-JP-αがどのような方法で養分を得て生長しているかは不明です。

“苗床”が十分にある場合、ほとんどのSCP-260-JP-αはSCP-260-JPの周囲を筒状に包み込むように生長することから、SCP-260-JP-αはSCP-260-JPを閉じ込める目的があるように見えます。SCP-260-JPがSCP-260-JP-α群に閉じ込められた場合、外部からSCP-260-JP-α群内部の様子を確認することは不可能ですが、SCP-260-JPはSCP-260-JP-αを切り開くことで回収できるため、その後インタビューによりSCP-260-JP-α群の内部にいた間のことを聞き出そうと試みましたが、全ての1度を除いた全てのインタビューにおいて「眠っていた」という回答しか得られませんでした。また、最長3日に渡る閉じ込め実験の後もSCP-260-JPの健康状態には全く異常がなく、SCP-260-JP-α群の内部にいる間はSCP-260-JP-αと同様、不明な方法により栄養を得ていると考えられます。追記: 条件が確定していませんが、SCP-260-JPを閉じ込めたSCP-260-JP-α群が自ら道を開け、職員を内部へ招き入れることがあることが判明しました。現在この現象が発生しても内部へ侵入することは許可されていません。(詳細は補遺3を参照してください)

SCP-260-JP-αは“苗床”の在り処によって、形態や生態の特徴が分かれるようです。苗床となる対象がSCP-260-JPに近いほど、発生するSCP-260-JP-αは柔らかく、鮮やかで、よい香りのする既知の草本、特に花を咲かせる形態・生態を持った個体である割合が高く、対照的に、SCP-260-JPから遠い、または閉塞された空間にある、他者が所持しているといった苗床からは、高確率で屈強で生命力の高い既知の木本の形態・生態を持った個体、有毒な個体が発生するほか、稀に未知の形態・生態を持った個体が発生することも確認されています。未知の形態・生態を持った個体は、いずれも人体に対して非常に有害な成分を有し、明確な敵意を持って攻撃行動を取る場合もありますが、SCP-260-JPに対しては決して攻撃を行いません。

SCP-260-JPはSCP-260-JP-αの発生に戸惑う様子はなく、SCP-260-JP-αはSCP-260-JPの意志で発生しているものと考えられていましたが、その後の実験によって発生したいくつかの凶暴なSCP-260-JP-αに対して恐怖の反応を示したほか、事件-260-JPの際に錯乱状態に陥ったことから、現在SCP-260-JP-αはSCP-260-JPの意志で発生していないか、意志によって発生しているが発生する個体は指定できないものと考えられています。

補遺1: これまでに確認・収容された未知の形態・生態を持つSCP-260-JP-αの記録文書

補遺2: SCP-260-JP-α発生要因についての実験記録(この実験は事件-260-JPの発生を受けて実施されました)

補遺3: SCP-260-JP-α群が職員を内部へ招き入れた事件の記録

補遺4: 事件-260-JPの映像を文章に起こした記録

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。