SCP-2632
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-2632

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2632はサイト-88の7階にある標準人型収容房に置かれます。拘束されている場合を除き、SCP-2632が職員と直接触れることは許可されていません。

説明: SCP-2632は異常な長寿を示す人間の一個体であり、あらゆる手段によって危害を加えることが出来ません。財団収容下に置かれている間、SCP-2632の老化は一切進行していません。

SCP-2632の物理的特徴は68歳の男性に準ずるものです。歴史的記録から、SCP-26321は1810年、西フロリダ共和国に生まれたことが確認されています。SCP-2632の観察結果、前述の歴史的記録、SCP-2632自身の証言から、異常性の原因となった事象は1878年に発生したことが示されています。

SCP-2632は他の異常性を持たず、多発性硬化症と合致する症状を示しています。SCP-2632の異常特性によって神経への追加的な損傷は発生していないと考えられる一方で、SCP-2632の応答は中度の神経障害を患った患者のそれに類似しています。

2003年、アメリカ合衆国ワシントン州において不成功に終わった死刑執行の後にSCP-2632は回収されました。SCP-2632は1994年にジョナサン・ガレットを殺害した罪に問われ、死刑判決を受けました。SCP-2632は処刑方法の選択を拒否した為、州法に基づいて2003年1月に絞首刑を受けました。SCP-2632の異常特性により、刑は無効となりました。試みの後、ワシントン州更生課に在籍していたエージェントらによって速やかに回収が行われました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。