SCP-265
評価: 0+x
SCP-265.png

水濡れと火災で損傷した写真の断片。写っているのはSCP-265と確証された。1988年頃の物。

アイテム番号: SCP-265

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団サイト-54、-109、および-110には、SCP-265を研究するためにSCP-265専門の準機動部隊が配属されています。各部隊に小型戦術航空機1機が配備され、情報収集および尋問技術の訓練を受けたエージェントが所属します。民間人向けのカバーストーリーや偽装が推奨されています ― プロトコルの詳細は文書265-Bを参照してください。

現地の報道機関はSCP-265出現の兆候を探るために精査し、チームは遭遇例と思われる事案を調査します。事案ごとに特定のプロトコルが実装されることになります。その性質がより良く理解されたと確認が取れるまで、エージェントはSCP-265に対して暴力を扇動しないでください。

説明: SCP-265はロゴ・ナンバープレート・その他の識別マークの欠落したシリーズ1型GAZ M21ボルガ自動車のように見えます。車体は黒く、タイヤの縁は白く塗装されており、状況に関わらず真新しい外見を保っています。幾つかの目撃情報は、フロントガラス以外の全ての窓が白いカーテンで覆われていたと述べています。GAZ M21の生産は1970年に停止しており、シリーズ1型が製造されたのは1958年-1959年であることに留意してください。

SCP-265には人間の乗客が存在せず、自律移動しているようです。その他の詳細は出現するごとに変動します ― 一般的に目撃者はSCP-265が走行中も全く音を立てなかったと報告しますが、接近に気付く前から長時間エンジンのアイドリング音を耳にしていたという証言もあります。同様に、ある出現では道路上にタイヤ跡などの物理的証拠を残す一方で、全く証拠を残さず去ることもあります。

SCP-265はほぼ常に、孤独な旅行者を付け回す、或いは住宅の私道で暫くアイドリングした後に走り去るといった、一般的に対象者の恐怖や妄想を掻き立てるような状況で出現します。

SCP-265はポーランドの都市部から遠く離れた農村部全域で出現しており、時折人口500人以下の小規模な農村コミュニティを通過していきます。遭遇は1日の終わりに近い様々な時間帯に起こっており、確証された遭遇事案は18:29~08:13の間で発生しています1。SCP-265は通常時速およそ65km2で移動しますが、孤立した状況下では時速400km3以上の速度が記録されています。

補遺-財団捕獲試行 20██/██/██の23:11、SCP-265の描写と一致する車両が、財団によって制御されている[編集済]の気象台の外部でアイドリングしているのが目撃されました。人間が乗っていないことを目視確認した後、当該車両の追跡・捕獲のために、近くのサイト-109からヘリコプター1台と高性能オフロード車4台を伴う追跡チームが派遣されました。SCP-265は即座に時速200km以上に加速し、説明のつかない操作性を発揮しました。ヘリコプターはSCP-265が鬱蒼と生い茂る森の中へ消え去るまで追跡を続行しました。続くエリア内の捜索で車両の痕跡は認められませんでしたが、不完全な人間の遺体1体が4km離れた浸水地域で発見されました。

補遺-類似現象: SCP-265および人間の遺体が複数回出現していること、そして車に類似性があることから、SCP-265がSCP-2613において観測される現象の異型であるか、僅かに関連している可能性が示されています。両者の異常性に対する調査が進行中です。

その他の文書: 以下に添付されているのは、音声記録インタビュー・法執行機関・報道機関・個人の日記などの、民間から収集した一連の抜粋資料の翻訳版です。このリストは不完全です ― 完全版の記録へのアクセスはセイデルマン博士までお願いします。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。