SCP-2654
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-2654

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2654は標準的収容ロッカーに保管します。当該オブジェクトの使用は実験目的に限定されており、レベル3以上の職員によってのみ認可されます。実験中に誤ってオブジェクトを使用した人物が出た場合、対象者をヒト型生物収容チャンバーに収容し、SCP-2654-1のための軽食を十分に供給します。対象者はSCP-2654が出現するまでチャンバー内に留まらなければいけません。

説明: SCP-2654はマテル社が製造した一般的なマジック8ボール玩具1です。オブジェクトには顕著な擦り傷があります。内部に封入されている20面サイコロはやや色あせており、占いの結果を読み取るのが難しい状態です。単純な極性質問2、または単純な確立性の質問3を口頭で投げかけると、SCP-2654はあらかじめ用意されている応答文の中からランダムに1つを返します。複雑な極性/確率性の質問を口頭で投げかけると、SCP-2654は常に“後ほどもう一度尋ねてね”か“今は予測できません”の文で応答します。

SCP-2654-1は、SCP-2654に複雑な質問を行った人物の近隣に出現する、非常に青白い肌をした男性のヒト型生物です。SCP-2654-1は対象者が質問した7~48日後、対象者が眠っている間にのみ出現します。現れたSCP-2654-1は対象者を起こし、何かしらの食物を要求します。通常、SCP-2654-1はアメリカ風の軽食品を要求しますが、アジア系の被験者には一般的な日本・中国の軽食を求める様子も観察されています。もし対象者がSCP-2654-1の求める軽食を提供できない場合、SCP-2654-1は失望した旨を述べてから姿を消します。

要求した食べ物を与えられると、SCP-2654-1は対象者がSCP-2654に投げかけた質問のことを思い出させた後、SCP-2654にあらかじめ用意されている応答文の中からランダムに1つ選んで回答します。SCP-2654-1は要求した食べ物を食べ終えると消失します。

SCP-2654-1は人間のように見えますが、幾つかの肉体的な相違点が注目されています。当該実体は完全に無毛で、直立時の身長は2.77m、体重は82.6kgです。SCP-2654-1の顔の下側・胸の上部には、それぞれ数字の“8”の刺青が施されています。右腕は顕著に引き延ばされており、肘と手首の間に1ヶ所の余分な関節があります。SCP-2654-1は概して衣服無しで実体化しますが、仕立ての良いアラブ風のトーブを着用して現れた事例が何回か記録されています。SCP-2654-1は非常に友好的であり、消失する前に対象者と雑談します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。