SCP-2660
評価: +4+x
Lamp.jpg

収容下のSCP-2660。

アイテム番号: SCP-2660

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2660は現在、接続されている廊下から視線に留まることを防止するために追加のドアを設けた標準的な収容室に保管されています。

職員はSCP-2660の実験中に物理的/デジタル的なメモを取るべきではなく、代わりに、全ての実験結果は指定の実験監督者(現在はジェントリィ博士)に口頭で通達しなければいけません。

SCP-2660についての全情報は現在、レベル3クリアランス職員、並びにSCP-2660関連の職務が承認されている職員らに限定されています。(更新: 補遺2660-1を参照)

説明: SCP-2660は緑色のセラミック製卓上ランプであり、自己明確化型の情報災害特性を帯びています。SCP-2660の物理特性のどれか一つを認識した観測者は、徐々にその物理特性の全てを認識するようになります。このプロセスは完了までに3時間~2日ほどかかります。

例として、SCP-2660の表面のごく僅かな部分しか見ていない人物であっても、当該オブジェクトをランプであると特定できます。大幅に編集された、もしくは色ずれ処理を施した画像もこの効果を受けやすい傾向にあります。即ち、色ずれされた写真を見ても、対象者はSCP-2660が本来は緑色であると特定可能です。SCP-2660に関連して作成された全ての情報は永続的です ― データの削除や編集は不可能であり、如何なる形式でも虚偽を述べることは出来ません。

SCP-2660に関する電子的な文書記録は、削除済データとして扱うための消去/編集ができず、そのような試みが行われた場合は即座に未編集状態へと逆転します。SCP-2660について紙に書かれたメッセージも、消された場合、徐々に3〜6時間かけて紙面に再出現します。SCP-2660関連の記憶は決して忘却されることは無く、記憶処理で消去することは不可能です。

SCP-2660の視線上1にいる人物は、ブーンという不断の唸りを伴う、1つの長音に2つの短音が続く反復的なリズムと表現される音を聞く感覚を経験することになります。また、SCP-2660の視線上にいる物体や人間は、SCP-2660-1と指定される追加の異常効果に曝されます。SCP-2660-1は、SCP-2660との視覚接触線に存在する物体に、その接触期間のみ影響します。

SCP-2660-1の効果は実験対象の物品ごとに様々でしたが、類似する物品は通常同じ影響を受けた様子を示します。全てのSCP-2660-1影響アイテムは、SCP-2660の自己明確化特性の対象となっています。

SCP-2660は、壊れた神の教会・マクスウェリスト宗派5が構える既知の本部の一つを財団が襲撃した際に回収されました。襲撃は概ね成功と言えるものでしたが、ミーム分析官らによって、作戦中に機動部隊ニュー-7(“下される鉄槌”)が認識災害的要素に曝露した可能性が疑われました。予防的な記憶処理が施されたものの、その後の治療評価で一部の記憶が残存していること、その全てが“礼拝堂”の中心部に短期間灯っていたランプに関わるものだと判明しました。当該オブジェクトは確保され、SCP-2660と指定されました。


補遺2660-1: インタビュー7154の出来事に続き、それ以前にSCP-2660に直接曝露した全ての人物は拘留され、SCP-2660収容プロトコルの更なる見直しが行われるまで隔離されることになりました。サンドゥ博士はプロトコルに違反し、影響者との意思疎通を試みて拘留されました。SCP-2660の“知識”の構成限界はまだ完全には理解されていないため、隔離された人物の現在の状態に関する全ての情報開示は、財団ミーム学部門のレベル4職員から明確な許可を得た職員のみに限定されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。