SCP-2662
評価: +24+x

アイテム番号: SCP-2662

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-2662の封じ込めは、主として収容ユニットへの不正侵入を防止することに焦点を置いています。サイト常駐の機動部隊タウ-9("喧嘩腰のボディーガード")はSCP-2662の収容ユニットを護衛し、SCP-2662の崇拝に注力する新宗教の崇拝者たちを追跡するために組織されています。機動部隊タウ-9は不正侵入の試みに対処する際は非致死的方法を用いてください必要に応じて致死的な手段を用いることが承認されました。機動部隊タウ-9の全隊員は、認識災害の影響を半年ごとにテストされます。

SCP-2662の封じ込めは完全に自発的なものであることから、現在は低脅威度ヒト型生物向けの標準的安全対策を施した、拡張済みのヒト型生物用収容ユニットに収容されています。加えて、SCP-2662は任意の日刊新聞のコピー、コンピュータ、及び要求したコンピュータゲームの所持が、毎月の総額が50米ドルを超えない範囲で許可されています。

説明: SCP-2662は身長約4m、体重200kgの認識災害的な実体です。SCP-2662は大雑把にヒト型の姿をしており、頭足類の足と同様の構造を持つ約20本の付加的な触手状筋組織1 を背中に備えています。これらの肢は完全に機能しており、SCP-2662は一度に10の異なる作業を行う事が可能です。

SCP-2662の主要な異常効果は、通常、SCP-2662と同じ部屋に居たり日常的に相互作用したりといった長期的な反復曝露後のみ発現します。6ヶ月以上にわたってSCP-2662に曝された被験者は、SCP-2662が求める物や望む事を強く意識するようになり、それらを遂行することを強いられるようになるリスクがあります。被験者はまた、ストレス下において半ば精神病的な病理的異常を示すことがあります。SCP-2662はMARS(Mind-Affecting Resistance Scale:精神作用抵抗率)の数値が2以上の人間には効果を及ぼすことができません。2

SCP-2662の二次的な異常効果は、少なくともおよそ1ヶ月に一度の割合で起こる、宗教的な崇拝者の自発的発生です。この発生は不随意的なものであり、SCP-2662にとって著しい苦悩を引き起こします。

SCP-2662によって生成された宗教団体は本質的に、通常、暴力および/または性的要素を含む様々な儀式を執り行う為に収容ユニットへ侵入することに注力します。これらの団体は高度に組織化される傾向があり、大抵の場合、個別生成された宗教団体同士の間に全く接点がないにも拘らず、以前の失敗した試みに適応していると思われます。

以下は、SCP-2662に関連する事件の不完全なログです。完全なリストは、ドキュメント2662-Iに記載されています。

事件2662-07: 2003/██/██、『賛歌に向かいて』として知られる宗教団体が、SCP-2662の収容室への侵入に成功しました。

事件2662-13: 2005/██/██、『許嫁』として知られる宗教団体が、SCP-2662の収容室への侵入に成功しました。

事件2662-78: 2014/██/██、Dクラス職員と機動部隊タウ-9の隊員2名からなる無名の宗教団体が、SCP-2662の収容室への侵入に成功しました。SCP-2662はインシデント2662-78の更なる評価の上、Keterとして再分類されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。