SCP-2676
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-2676

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: サイト-25の観測室145-Bには倍率拡大装置が備え付けられています。SCP-2676と全ての寮の間には50mの境界が維持されなければいけません1。実験にはレベル3の承認が必要です。SCP-2676が認可された実験外で活性化した場合、サイト-25ではアルファ対象者が両方とも発見されるまでレベル1完全封鎖措置が取られます。サイト管理官の裁量により、さらなる措置を講じることができます。睡眠や夢に関連する異常なオブジェクトは、SCP-2676と同じ場所には保管しないでください。

説明: SCP-2676は、アフリカン・ブラックウッド材で作られた1.5×0.8×0.5mのコーヒーテーブルです。頂部および側面にはクリスタルガラスの彫刻が埋め込まれています。テーブルの中央部分には、組成の不明な、ミニサイズの街並みが見えます。建造物の高さは0.5~3.2cmの間で様々であり、その殆どは荒廃している、もしくは大規模な破損を被っています。都市インフラはひび割れて崩壊し、多くの地域が瓦礫や倒壊物によって封鎖されています。テーブルの底面には“For S (Sのために)”という語句が彫られています ― “S”の後ろに続く引っ掻き傷は、本来の文章がもっと長かったことを示唆しています。

不活性状態の時、SCP-2676の都市内部には、識別可能な発生源を持たない多彩色の光が見えることがあります。これらの明かりは、活性化中のSCP-2676の内部では常に点っています。これ以外の点では明かりは明白なパターンを有しておらず、SCP-2676が不活性状態である時にテーブルを裏返すと光は消失します。テーブルを改めて立て直した場合、灰と思しき粒子が都市の上空に出現し、8分間にわたって降り注ぎます2

SCP-2676は、以下で“アルファ対象者”と指定される少なくとも2名の人物が、当該オブジェクトから45m以内でほぼ同時3にステージ2睡眠期に入る事によって活性化します。アルファ対象者は安らかで夢を伴わない睡眠をとったと一貫して4主張します。

活性化中、SCP-2676の都市内部には3体の実体 ― SCP-2676-A、およびSCP-2676-Bの2個体が姿を現します。SCP-2676-Bは2名の人間の姿を取って出現し、典型的には(実験の>75%)アルファ対象者と似通った容姿ですが、建物のサイズに合わせて縮小されています。SCP-2676-Aは独立したヒト型の霊的幻影であり、外見は各出現間で変化しません。

SCP-2676-AはSCP-2676-Bを追い回して捕獲しようと試み、捕まったSCP-2676-Bは消失します。両方の投影が捕獲され消失すると、アルファ対象者は即座に飛び起きます。そうでない場合、対象者が普通に目を覚ますことによって全ての実体は姿を消します。SCP-2676-Aは速度・浮遊能力・SCP-2676内の都市のレイアウトの知識において相手を上回っているため、2/3以上の実験において両方のSCP-2676-B個体を捕獲することに成功しました。加えてSCP-2676-Aは、未知の手法でSCP-2676の上空から放射され、身を隠していない時のSCP-2676-Bを追跡する多彩色のスポットライトによって支援されています。

覚醒したアルファ対象者は、以前の面識とは無関係に、お互いに対する強い感情的な結びつきを報告します。これらの感情は実験の83%で友情、44%で愛情として表れました。特筆すべきことに、恋愛感情の発展は対象者たちの性的指向に反するものではありません。実験において恋愛感情が報われなかったケースは、両対象者の指向が両立し得なかった場合のみです。

補遺: 事案記録2676-04

補遺: インタビュー2676-27

補遺: インタビュー2676-28

補遺: 文書2676-13

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。