SCP-268-JP
評価: +156+x
file0001121336470.jpg

SCP-268-JP-██

アイテム番号: SCP-268-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 警察、消防、医療機関から収集された情報からSCP-268-JP-Aの条件を満たすと判断された人物はリストアップされ、その動向が監視されます。該当人物に不審な失踪などが見られた場合、財団エージェントが調査とSCP-268-JPの回収を行い、目撃者が存在した場合には記憶処理を施しカバーストーリーを適用してください。SCP-268-JP-Aの条件を満たすレベル1以上の財団職員に対してはその職務・権限に関わらず当該オブジェクトの情報が開示され、特性の把握と遭遇時の報告が義務付けられます。
回収されたSCP-268-JP群は0.8m×2.0m×0.5mの専用ケージにそれぞれ収納した状態でサイト-81██の収容室に収容されています。SCP-268-JPの加筆内容はすべて記録し、SCP-268-JP-Aの出現が確認された場合には専用ケージごと収容室から撤去し、検査の後に規定の手順で処理してください。特異性を喪失したSCP-268-JPは収容室から撤去され、同サイト内の安全保管ロッカーに保管されます。
現在、後述のプロトコル・ヴィラン-268が当オブジェクトへの対抗措置として実施されています。

説明: SCP-268-JPはタイトルと思しき一文が刻印された黒の革表紙と計測不能な枚数のページで構成される書籍群です。現在までに財団は計███冊のSCP-268-JPを収容しています。
SCP-268-JPは日本国内において“危険を伴う救命活動を行ったことで死亡した人物によって、命を救われた過去を持つ人物”の前1に無作為に出現します(以下、救命された人物をSCP-268-JP-A、救命を行った死亡者をSCP-268-JP-Bと表記)。出現時点のSCP-268-JPには『[SCP-268-JP-Aを想起させる表現]を救った、[SCP-268-JP-Bを想起させる表現]の英雄譚』というタイトルが刻印されており、内部は初めの数ページに序章と題されSCP-268-JP-AがSCP-268-JP-Bに救命された経緯が簡潔に記されている以外は白紙となっています。SCP-268-JPが出現するタイミングは救命の経験から数ヶ月から数十年までと規則性がなく、SCP-268-JP-Aの条件を満たす人物の膨大さも併せてその特異性の発露を事前に予測・防止することは困難です。

出現したSCP-268-JPにSCP-268-JP-Aが接触した場合、SCP-268-JP-Aはただちにその場から消失します。消失している間、SCP-268-JP-Aがどこに存在しているのかは判明していません。以降SCP-268-JPには24時間経過するごとに1つずつ新たな章が瞬時に追加されます。その際SCP-268-JPが一定以上の損傷や汚染を受けていた場合、新品の状態に回復するという特性を示すためにオブジェクトの破壊や焼却は無意味です。

追加された章に綴られている内容は例外なくSCP-268-JP-Aが危機的状況に晒された状態で始まり、それを前にしたSCP-268-JP-Bが命懸けの救命を行うかの選択を迫られるというものです。この際登場するSCP-268-JP-Aは消失時点の姿と記憶を有し、SCP-268-JP-Bは死亡時点の姿と記憶を健常な状態で有しているように読み取れます。SCP-268-JP-Bが行動を起こした場合、状況に関わらず救命は成功しSCP-268-JP-Aは生存しますが、一方でSCP-268-JP-Bは例外なく死亡します。章はSCP-268-JP-Bとその行為に対する賞賛で締めくくられ、次章では前章と異なる危機的状況が展開しSCP-268-JP-Bは再び選択を迫られる、というサイクルが繰り返されます。なお文中の言動からSCP-268-JP-Bのみ以前の章の記憶をすべて持ち越していると考えられています。また作中には警官、医師、観衆といった人物も登場しますが、それらは一定の言動を繰り返すことしかせず両名が対話を試みるも失敗する描写が散見されます。

消失から不定の期間をおいて、SCP-268-JPの傍らには様々な要因によって死亡しているSCP-268-JP-Aが出現します。その際SCP-268-JPに追加された章は最終章と題され、SCP-268-JP-Bが救命を諦めたことでSCP-268-JP-Aが出現した死体と同様の要因で死亡する様子と、それを見届けたSCP-268-JP-Bが『霧のように消滅する』様子が記述され完結しています。また表紙のタイトルはSCP-268-JP-Bを侮蔑する一文へ改題されており、これ以降該当のSCP-268-JPはあらゆる特異性を喪失します。

現在SCP-268-JPとSCP-268-JP-Aとの接触のリスクを軽減させるための手順としてプロトコル・ヴィラン-268が制定されており、財団のフロント企業である███書房にSCP-268-JPのデザインとタイトルを模倣した書籍をシリーズ化させ、不定期に出版・発売を行わせています。その論述中には様々な救命行動の実例を挙げた上で救命した者、された者を徹底して批判・侮辱する論調を展開させており、これは各地で多数の民事訴訟を引き起こしました。現在このシリーズは忌避すべき問題作として世間に認知されており、これによりSCP-268-JPによる被害発生件数を約15%減少させることに成功しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。