SCP-269-JP
評価: +33+x
1ZXDWYk.jpg
16██年に確認されたSCP-269-JPの断片状態の文献記録 ████氏蔵

アイテム番号: SCP-269-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-269-JPは現在周辺地域を封鎖し、指定範囲を高さ3m以上の鉄製の塀または有刺鉄線により包囲しています。また、指定範囲の1km内に常駐警備員が必ず最低24名以上配備されていなければならず、各員には携行型の火炎放射器の携帯を義務付けてください。区域内には監視用赤外線カメラを範囲内に一辺400mの升目状に全周囲を確認出来る形で設置し24時間体制での監視を行い、SCP-269-JP-Aの発生を確認した場合は速やかに火炎放射による焼却処理を行ってください。周辺地域への大気汚染や土壌汚染の危険性を孕むため、この際毒物、酸、細菌の使用を禁止し監視施設内においても薬品等の設備は制限されます。SCP-269-JP-Aの発生から数時間後、SCP-269-JP-Bへの移行を確認した場合は無人爆撃機による処理が許可されセクター-8192に常備されている█████████型爆撃機7機により焼却が行われます。攻撃を加えた後、規模の縮小した群れを常駐職員とセクター-8192の職員で処理を行ってください。

SCP-269-JP-Aの発生から8時間が経過すると、レベル3以上のエージェントは即座にプロトコル14実行の為の準備の開始が義務付けられます。また発生から12時間が経過した場合職員は速やかに退避し、プロトコル14に従って処理を行って下さい。SCP-269-JP-A,-B,-Cの処理が完了し次第、後約3週間近辺を封鎖し、SCP-269-JP-aの死骸の処理を行ってください。

説明: SCP-269-JPは████県████市████区に存在する北緯████████、東経████████地点を中心とした半径5kmの地域を指し、不定期に巨大な蚊柱であるSCP-269-JP-Aを範囲内に発生させます。SCP-269-JP-AはSCP-269-JP-aと呼ばれるユスリカに似た小型の昆虫により構成され、以下の特質を有します。

  • 雌雄同体で、卵による無性生殖を爆発的速度で行います。
  • 市販のペンチと同程度の強さの非常に発達した顎を有しています。
  • 化学薬品、毒物に対する非常に強い耐性を持ちます。
  • 毒物等に接触した場合、群全体のSCP-269-JP-aの体液が接触した物質の特質を有するようになります。
  • 体内に消化器官が存在せず、餓死という概念を持ちません。
  • 群体から分離したSCP-269-JP-aは徐々に衰弱し、死に至る為捕獲や飼育の試みは未だ成功していません。

現時点で地球上にSCP-269-JP-aと一致する生物は発見されておらず、SCP-269-JP-Aは区域内に突然出現し、SCP-269-JP-a単体での出現は確認されていません。またSCP-269-JP-Aの出現の事前兆候はこれを財団が調査を開始してから確定的な情報は得られないでいます。

SCP-269-JP-Aは出現時既に全長、直径共に10m以上の状態となっており、内部はSCP-269-JP-aが高密度で犇めき合っています。この時中心部にある大量の卵が核として働き、1分に満たない周期で孵化と産卵を繰り返し加速度的に密度を高めていきます。発生と同時に群体は移動を開始し軌道上に存在する生物に対し攻撃行動を行い、対象となった生物は多くの場合失血、細菌感染、または気道に大量の群体が詰まることで死に至ります。

SCP-269-JP-A発生から最速で3時間で、内部の密度が爆発的に膨れ上がったことにより蚊柱の巨大化が進行し、蚊柱が"縦"方向へ急激な肥大化を開始した時点でSCP-269-JP-Bへの移行が行われたと判断されます。SCP-269-JP-Bは最初約10cm/s2で縦方向に成長し、竜巻状に螺旋回転を行い移動を行います。

また、移行が確認された時点でSCP-269-JP-Bは、火に対し延焼を食い止める為としか思えない群の切り離しを行うようになる為、火炎放射器による処理は効果を失います。SCP-269-JP-Bは全高約500mを超えると成長を停止しますが、この規模のSCP-269-JP-Bが市街地へ進出した場合の被害は計り知れません。

爆撃機による処理が間に合わず、SCP-269-JP-A発生から12時間が経過するとSCP-269-JP-Cへ移行したと判断され、即座に職員に避難が喚起されプロトコル14が執行されます。SCP-269-JP-Cは際限なく成長を続けるため、現在までプロトコル14以外に財団はこれに対する対処法を発見できていません。財団はこれまでにSCP-269-JPのKeterクラス認定を検討しましたが、プロトコル14という過去に裏付けされた明確な対策があることにより却下されました。

プロトコル14
SCP-269-JP-A発生から8時間経過が確認されると、SCP-269-JPに最寄の財団研究施設であるセクター-8192より██才以下の████四人が護送されることになります。この時プロトコル14の実行を容易にする為、████に対し[編集済]を行ってください。SCP-269-JPに無事護送が完了するとレベル3以上のエージェント5名が随行し████をSCP-269-JP-C内部へと進入させてください。また、████が死亡した状態でプロトコル14を行った場合効果が現れないことが明らかになっています。SCP-269-JP-Cが動きを止め、末端から生命活動を停止しているのが確認されると、プロトコル14は完了したと判断されます。
この時万が一プロトコル14実行に必要な████に不具合が生じた場合、近隣の[編集済]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。