SCP-2700-EX
rating: +7+x

倫理委員会通達:

この報告書は不正なものであると判断されました。アノマリーは存在しません。SCP-2700に関するすべての研究と治療は無期限に停止されています。報告書はロックされますが、関連する倫理委員会による調査の証拠として、アクセス可能なまま保管されます。判決が降りるまで、Perry研究員は[削除済み]に拘留されます。

アイテム番号: SCP-2700

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 医療保険会社に配置された財団職員により、SCP-2700による入院届け出が無いか監視されます。検出時には、生体医学の知識を持つ、最も近くに駐在する起動任務部隊が感染者隔離のために出動します。感染者と同居している家族やルームメイトに対して感染検査を行います。非感染者には記憶処理を施し解放し、感染者は研究のため元の感染者と共にエリア-12へ移送します。

SCP-2700の持つ高い感染性から、以下の検疫措置が制定されました。:

  • SCP-2700に割り当てられる職員はすべて男性でなければならない。
  • 許可を持たない職員は医療棟-2700へ進入してはならない。
  • 2700配属職員は医療棟-2700を離れる際、4つの除染手順を踏まねばならない。
  • SCP-2700に割り当てられる職員は可能な限り最小数に留めねばならない。

説明: SCP-2700は強力な感染性を持つ異常な多段階疾患です。SCP-2700は男性被験者にも感染することが確認されており、また女性被験者に対してその100倍の感染確率を持ちます。全世界の女性のうち約12.5%が現在何らかの形でSCP-2700に感染しているという仮説が提唱されています。

SCP-2700は自死段階における細胞周期を崩壊させます。SCP-2700の影響を受けた細胞は自死段階で破壊されず、その他の影響を受けた細胞とともに集まり以下の症状を引き起こします:

  • 皮膚の異常な厚さ
  • 皮膚の皺や凹凸
  • 感染部位周辺の湿疹や吹き出物
  • 感染部位の一定の痛みや腫れ
  • 周囲の組織を破壊し、黒い染みを生み出す。
  • より重度のものでは転移性を示し、体全体へと広がり、複数部位にまたがって発症する場合がある。
  • 未治療の場合、SCP-2700の感染は全身壊死性筋膜炎及び[編集済み]につながる可能性がある。

SCP-2700の研究はHarold Perry研究員主導の元行われています。用件のある場合は彼を通してください。

EC-3による所感:

嘘を隠すのに最適な場所は、真実の中である。SCP-2700-EXの症状は、実際に乳癌における事実的症状であり、その発症率は2015年の調査によれば8人に1人、つまり12.5%です。後はPerryがすべきことは、症状を誇張し、伝染性が高いと声高に主張することだけでした。異常なものであると主張することで、その仕事で彼は彼自身を病から護る術を得ることができたでしょう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。