SCP-2730
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-2730

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2730はサイト-42において標準人型収容セルに収容されます。公共の場へ登場するギルバート・ゴットフリードは生物学的複製であり、常に秘密部隊により監視されなければなりません。

ギルバート・ゴットフリードの皮膚で作られたマスクは現在、サイト-42のバイオテクノロジー研究所の冷蔵保管所にあります。そのマスクから作られた培養皮膚はリリスプロトコルを通じてギルバート・ゴットフリードの生物学的複製を生成するために採取、使用されます。活動中のゴットフリードの複製が劣化し始めた場合、それを個々に終了し、新しい複製と置き換えます。もし劣化する前に(心臓発作や車両事故などにより)活動中の複製が死亡した場合、それ以上の外部プロトコルの必要はありません。

説明: SCP-2730はマガモに似た人型実体であり、人はそれをアメリカの俳優兼コメディアンであるギルバート・ゴットフリードであると認識します。この認知効果は裸眼および通常のカメラに及びます。ソナーや赤外線、超常的な視認ではSCP-2730の真の姿が人間サイズのマガモであることを示します。それには水かきのある足と異常なほどに長く円筒形な羽があり、手となる腫瘍の様なこぶがついています。SCP-2730の頭は通常の野生のカモに大部分が似ていますが、くちばしは著しく変形しており、鼻と口を装うために頭蓋顔面へ無理に押し込まれています。SCP-2730より採取されたDNAサンプルはそれがマガモ種(Anas platyrhynchos)であることを示しています。

SCP-2730は2005年、ドキュメンタリー「The Aristocrats(貴族)」の撮影中に初めて発見されました。俳優の██████ ███が異常性質を疑われ尋問されていましたが、ソナーおよび赤外線解析が意図せずしてSCP-2730の異常状態を明らかにしました。SCP-2730は即座に管理下に置かれ、生物学的複製と置き換えられました1

SCP-2730がどの程度の期間ギルバート・ゴットフリードの振りをしていたのかは不明です。捕獲時に、それはSCP-2730-1と呼ばれる皮膚でできたマスクを着用しており、それによりSCP-2730がギルバート・ゴットフリードの振りをすることが可能となっていました。SCP-2730-1の解析ではそれが遺伝的に本物のギルバート・ゴットフリードと同一であり2、少なくとも2005年の時点で10年が経過していたことが示されています。

補遺:

補遺:

インタビュー 2730-01の出来事の後、ロスファス博士はSCP-2730実体に指定されました。これまでの財団に対する肯定的な態度のため、ロスファスは彼のSCP-2730-1を所持し、レベル2クリアランスのクラス-E職員として財団に勤務することが許可されています3

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。