SCP-275-JP
評価: +35+x
203f02.jpg
左は調査に送り込まれたD-2856の、SCP-275-JP-Aに変形した物の内の一つ。右は通常の頭蓋骨。

アイテム番号: SCP-275-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-275-JPは、周りを高さ3.5 mの一つだけ出入り口の付いた鉄柵で囲い、外側に配置した常駐警備員2名に、関係者以外の侵入の阻止をさせて下さい。侵入者若しくは調査用のDクラスがSCP-275-JP内に入って戻ってきた場合は、可能であればただちにX線スキャンに掛けた後、一般人には記憶処理を施して下さい。異常が見つかった場合には、無人調査機によるSCP-275-JP内部の探索が行われます。

また、SCP-275-JP外部でSCP-275-JP-Aを発見した場合には、速やかに奪取、獲得し財団にまで輸送して下さい。若しくは、状況によってはSCP-275-JP-Aの破壊も許可されています。

説明: SCP-275-JPは[編集済]県にある全長███ mの[編集済]廃炭鉱を指します。文献には、18██年にこの廃炭鉱は石炭が採れなくなったせいで廃棄されたと書かれていますが、現在20██年の時点ではSCP-275-JP内部からは石炭の鉱物を採る事が出来ています。(この物質をSCP-275-JP-Aと指す。)

SCP-275-JPは、ヒトが内部に侵入し、その後外に出ると異常な特性を発現します。侵入者がSCP-275-JP内部から脱出すると、彼らの筋肉や骨、脳等の人体のパーツ達が、体幹や生命維持に関わっていない限りは痛みや実感を伴わずに消え失せてしまいます。そして、恐らくそれと同時にSCP-275-JP内部に、彼らの喪失した対応するパーツに造形が類似するSCP-275-JP-Aが大量に発生します。

SCP-275-JP内部では、SCP-275-JP-Aが所々に散見出来ます。SCP-275-JP-Aは、内部を奥に進めば進むほど他の種類のSCP-275-JP-A達と絡まり合って、奇妙な様を見せる様になってきます。これらのSCP-275-JP-Aは、時間が経つと自然にその場からまるで採掘されたかのように消え失せます。

20██/██/██に、地元の学生が『肝試し』と称してSCP-275-JP内部に入り大量のSCP-275-JP-Aを目撃し、またSCP-275-JPから出た事で重症を負った事から、SCP-275-JPの奇妙な性質が発覚しました。学生と彼らに関わった一般人には記憶処理が施され、エージェント█████がSCP-275-JPに派遣されました。その後の彼の犠牲と無人調査機の成果からSCP-275-JPの性質が判明し、SCPとして分類される事になりました。

補遺1:
以下の歌詞は、まだ稼働していた[編集済]廃炭鉱で、当時の鉱夫達が歌っていた唄です。

タヂカラ篭めてツルハシ振りゃあ ザックリザックリおまんま様よ
煤ぅ拭えば輝く汗よ 石炭求めて掘り起こせ
煙のボウボウ揚がる先 オラがカカァが待っている
天まで届けやオラが力 オラ達が憩いのおまんま様よ

上記の唄中に挙げられている『おまんま様』が、石炭を示すのかどうかは現在調査中です。

補遺2:

補遺3:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。