SCP-276
評価: 0+x
scp276_th.jpg
UK、███████近くのSCP-276
(フルサイズで閲覧可能)

アイテム番号: SCP-276

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-276はサイト-██のドックにて無期限に停泊され、接近はレベル3以上の職員のみに限られます。その独特な性質を考慮して、我々の時代より以前の(あるいは恐らく以降の)時代に制作された物は、価値ある資料の喪失の可能性のためにSCP-276に載せてはなりません。収容問題のために、SCP-276の動作が完全に停止しきった後で定期的なメンテナンスが行われることになっています。

説明: SCP-276は様々な量、大きさ、形を取りますが、それが存在しているのがどんな時代であっても、その時代に関連したモデルと形式の船の姿に常になります。現在は長さ92.93m(304.9ft)、重さ1360メトリックトンの巨大な帆走スクーナーの形をしています。通常、SCP-276は現在の形状に関係なく標準的な帆船と同じように動き、船速は最適条件下では16.2ノットにまで達します。

SCP-276のブリッジの舵輪の近くに"前へ"、"後ろへ"そして"元の所へ"(“Forward”, “Back”, and “Back Again”)とラベルが貼られているスロットルがあります。これらのどの機能であっても使用すると、SCP-276は乗船中の全ての人間もろとも時間を旅行する能力を起動させるでしょう。その時代には何らかのボートが存在しているかという問題のみに、この能力は制限されます。人類が生まれる前の時代へ旅行する試みは失敗しました。はるかな未来への旅行も同様に失敗しました。現代へとSCP-276が戻る"元の所へ"以外は、スロットルはその時点でいる時代を起点として時間旅行を行います。その過去に遡る性質によってSCP-276が歴史を根本的に変える事が出来るかどうかははっきりしません。なしうるどんな時間移動も全て実行され、現在のSCP-276についての研究は全て、可能性のあるありとあらゆる時間軸に対する改ざんは起こらないという事を確かめる事に関連しています。

注目すべきは、SCP-276の反時代錯誤な性質です。それぞれの時代にあるものへと形を変えていった傾向を超えて、SCP-276上の全ての人間ではない物体はその時に適切なものになるように変わるでしょう。1700年代前半へと戻された懐中電灯は、ガス灯のような、より最初期の照明器具に変わるでしょう。その生物がまだ存在していない、あるいは絶滅している場合を除いて、有機生命は影響を受けません。どちらの場合も、生物は分類学的に最も近い種へと変化するでしょう。現代へと運ばれた死者も同じような影響を受け、全く異なる人間になります。系統的な実験から明らかになった事として、対象は[データ削除済]。

注意: SCP-276は娯楽目的、特にSCP-276の時間的特性の利益搾取のために使われることなない、繰り返す、ない!一時的に、追って通知があるまではレベル4職員にアクセス制限を引き上げる。 - ██████博士

補遺: █-██-████現在、新設された機動部隊ロー-5"時の一針"("Stitch In Time")1がSCP-276に割り当てられ、使用を含む完全なセキュリティクリアランスを与えられました。時間内のエラーと時代錯誤を"修復する"SCP-276の能力を考慮にいれた後、現世で改ざんを行う必要がある全てのミッションはロー-5のもとで行われる事になります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。