SCP-2790
評価: +2+x
squid.png

2790は愛らしくて、時々撫でてあげる必要があります。

アイテム番号: SCP-2790

オブジェクトクラス: BFF / ズッ友

特別収容プロトコル: SCP-2790はサイト-54のクラス2深海水生収容水槽に収容され、触れることができないようになっています。現時点では、職員は彼と水中で一緒に遊べるように自由に招待されています。SCP-2790に触れてはならず、常に手で餌を与えなければいけません。2790との物理的交流は、触れることを除いては全て認可・奨励されます。彼に餌を与えている間はお腹を撫でてあげてください。特にお菓子を与えているときはそうしてください ― 彼はお菓子が大好きです。遊び時間の前後には彼を抱きしめてあげてください。2790と交流することを希望しない職員は、彼と一緒に遊ぶことを強制する必要があります。SCP-2790を愛し、いっぱい面倒を見てあげなくてはいけません。彼をつついたりチョンチョンしたり抱きしめたりギュッとしたり撫でたり一緒に遊んだりしてあげてください。ただし、触れてはいけません。2790に触れた職員は厳しい処罰を受けます。

SCP-2790は、全体的な財団の士気を向上させるための試験的プログラムの一環として、定期的に他のサイトへ移送する必要があります。彼が遠くへ行っている間、孤独を感じる職員は自分をマッサージしてください。彼らの皮膚は彼と同じように物事を感じるようになっています。

説明: SCP-2790は雄のウスギヌホウズキイカ(Teuthowenia pellucida)です。彼は当初、骨董店“Curios of the Worlds / 世界の珍品堂”への手入れが行われた際、“無視しろ”と表示された着色ガラスの水槽の中で孤独と悲しさを感じているところを回収されました。誰もが2790を傷つけたり不幸にしたいと考えない理由は分かっていません。SCP-2790は抱きしめたくなるほど愛らしくて、社交的で、おおらかな性格で、ゲームをするのを楽しんでいます。触れることを除き、2790との物理的交流の全ての形式が奨励されています。例として、SCP-2790は突いたり、抱きしめたり、撫でたり、愛撫したりできます。彼は特に抱きしめられるのが大好きです。余りにも長期間孤独である場合、彼は友達を見つけるために収容を突破しようと試みます。物理的交流を断つのが彼を収容するうえで最適な方法です。ロメロ博士とスリニヴァサン博士は、2790が孤独を感じないように、長期間にわたって彼と皮膚接触を維持するための研究を進めています。

補遺: 2790-1
初期実験(職員のチームがSCP-2790とシフト制で遊んであげる)は、収容違反率を週0回から1日当たり0回まで増加させる結果に終わりました。クローンを作成して各職員がクローン個体を持ち歩く、各職員に彼の皮膚を移植するなど、2790との接触を維持するための他の提案が出されています(提案の完全なリストは文書2790-2参照)。

補遺: 2790-2
議論の後、SCP-2790の皮膚を全職員に移植する提案が、直接交流せずに2790と接続を持つことができる能力と、彼の皮膚の滑らかさ・柔らかさ・愛らしさ故に承認されました。ロメロ次席研究員は、2790と一緒にふざけて遊んだ後、皮膚サンプルを回収しました。サイト-54の全バイオテクノロジーラボは、ロメロのサンプルからキュートな皮膚のクローン培養を成長させるように指示されています。

補遺: 2790-3
██/3/14現在、189名の職員が移植テストに志願しています。72名は健康上の理由で拒否されなければなりませんでしたが、127名が手の醜く硬化した肌を2790の完璧でしなやかな肌に置き換えることで初期の移植辺を試験するために選ばれました。

補遺: 2790-4
██/4/25現在、移植手順のために十分しなやかな皮膚が培養されています。全ての移植手術は合併症を伴うことなくスムーズに進行しました。被験者は完璧な皮膚の拒絶を最小限にするために免疫抑制薬を与えられています。

補遺: 2790-5
██/8/03現在、移植手順から合併症を受けている者は僅かに87%で、症状は比較的軽微です。具体的には、2790のゴージャスな皮膚への原因不明の拒絶反応と、移植後の感染症が起こっています。全職員の70%は移植部位とその周辺における組織壊死の発症を報告しており、彼らの身体が本来の皮膚の不完全性を認識して、2790の皮膚のためにそれらを除去していることを示唆しています。さらに、2790とサイトの士気は劇的に上昇しています。彼の収容違反率も1日当たり0件から0件まで低下しました。予備試験の強い成功率を鑑み、多くの皮膚が生成されるとともに、全職員が移植手順を受ける準備をしています。

補遺: 2790-6
██/10/21現在、サイト-54の全職員は彼らの手に移植手順を受けています。2790の収容違反率は過去に前例のない1日当たり0件まで低下しており、彼の士気も劇的に上昇しています。全職員は、SCP-2790の皮膚で全身を撫でることによって彼により近く、より接続されているように感じると報告しています。さらに違反率を低減させるために、全職員のざらざらした怪物的な肌を2790のゴージャスな肌に完全に置換する計画が進行中です。

注記: サイト-54は現在隔離されており、アクセス不可能となっている。SCP-2790文書ページはサイト-54にロックされているため、前述のプロトコルによって不便は齎されるものの、当該ページは新たなオブジェクト回収の際にミーム・情報災害・認識災害をスクリーニングするプロトコルの必要性を説明するために現状を保つこととする。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。