SCP-2797
評価: 0+x
squirrel.jpg

SCP-2797

アイテム番号: SCP-2797

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2797個体はいかなる形式の生物学的素材にも接触させてはいけません。職員はSCP-2797個体の引っ掻きや噛み付きに耐え得るHazmatスーツを使用しなければなりません。

説明: SCP-2797は外見上Callospermophilus lateralis、通称キンイロジリスに似た生物群の総称です。

SCP-2797個体は、生体物質と相互作用する際に異常な行動や能力を見せます。示される行動のバリエーションに基づき、SCP-2797は幾つかの排他的なグループに分けることができます。

  • SCP-2797-A: 生物学的素材を捜索し、0.2~0.3kgの欠片を抽出し、他グループの個体へと輸送する。
  • SCP-2797-B: すぐ近くの様々な化学的および生物学的反応に、自発的に触媒作用を及ぼすことが出来る。
  • SCP-2797-E: SCP-2797-Aから得た素材で、筋組織の塊を構築する。
  • SCP-2797-F: 既存の非異常生物と融合し、宿主を改善するために自身を改造する。
  • SCP-2797-K: SCP-2797の負傷または死亡した個体を解体し、利用可能な材料を使用して新しいSCP-2797個体を構築する。

SCP-2797はロシアのニジネヴァルトフスクに位置するプロメテウス研究所の下請業者によって創造されました。個体が示す異常特性と、ロシア語で”タンパク質”と”リス”が同音異義語であるという事実から、SCP-2797は誤訳が原因で創造されたと考えられています。

SCP-2797は細胞手術および人工器官製造への使用が意図されていましたが、サイズや肉体的制限ゆえに、個体がこれらの活動を行う事はできません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。