SCP-2799
評価: +3+x
X-3.jpg

SCP-2799-3

アイテム番号: SCP-2799

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-2799-1、SCP-2799-2、SCP-2799-3、およびSCP-2799-4は、独立した4つの財団施設、サイト-77、サイト-59、サイト██、サイト██それぞれに別々の異常物品保管ロッカーに保管します。複数のアイテムの正確な位置を認識したレベル3クリアランス未満の職員が存在してはいけません。3つ以上のアイテムの位置を認識したレベル4クリアランス未満の職員が存在してはいけません。SCP-2799の場所の完全な記録へのアクセスは、レベル5職員のみに制限されています。

説明: SCP-2799は真ちゅう製の六分儀(SCP-2799-1)、方位磁針(SCP-2799-2)、懐中時計(SCP-2799-3)、見張り用望遠鏡(SCP-2799-4)からなる一連の骨董的なポルトガル製航海用具です。SCP-2799の構成要素はすべて財団が一般企業から買い上げたもので、獲得時には異常な特性を示しませんでした。これらの用具は財団のThaumaturgists - 秘術師たち、による██49年の指示を受け、未解明の異常性を示すオブジェクトを収容・調査する目的("Project Navigator")のため異常な特性を吹き込まれました。偵察用具として利用された期間において、SCP-2799は126個の異常性を示すオブジェクトを回収するために用いられ、また173回にわたって起動されました。

活性化時、SCP-2799は一つの未収容の異常活性オブジェクト、人物やイベントの位置をNeutralized されるか収容されるまで暴露します。SCP-2799-1は現在の位置から北極星を"観測"します。SCP-2799-2は、現在の場所から活性異常への直接の方向を示します。SCP-2799-3は、発生する異常のその場所の現地時間としての時間を示します。SCP-2799-4は、一定の点からの異常およびその場所への狭い視界を示します。メルカトル図法地図とこれらの情報をあわせた際、活性異常の位置を特定する成功率は100%です。

また、SCP-2799に最も近い位置の被験体は、SCP-2799の現在の対象となっているオブジェクトに関連する幻覚を経験します。この幻覚は通常、目標オブジェクトの性質、場所、または起源に関するいくつかの情報を提供し、これはオブジェクトが収容されるまで持続します。被験体が死ぬか、あるいは終了された場合、他の担当者は影響を受けません。現在までに知られているテストによれば、幻覚はSCP-2799活性化事象の55%に対して関係するデータを提供したことが示されています。

補遺2799-01: 監視技術の改善及びよりよい人員資源により、異常物体を検出するありふれた手段の使用において、もはやプロジェクトNavigatorからの情報は長い間必要とされていません。 SCP-2799とすべての関連技術は引退し、財団によって長期に渡って使用されず、プロジェクトを活性化する計画は現在のところありません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。