SCP-2813
評価: 0+x
13%20Catherine.gif

SCP-2813は公式には「ケンタウルス族」の小天体として分類されており、9.933天文単位の遠日点と5.39天文単位の近日点を有する標準的な太陽軌道を取っている。その軌道周期はおよそ21.21年である。

アイテム番号: SCP-2813

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2813の異常性質に対する収容手順は、SCP-2813が13キャサリンという名の通常の太陽系小天体として認知されている現状を維持することで行われます。収容維持のため、政府による13キャサリンの公的探査計画は有人のものであれそれ以外の場合であれ阻止しなければなりません。その位置までの距離と小さな規模のため、13キャサリンの本当の性質は現在のところ地上からの観測では知ることはできません。

ロシア連邦宇宙局もしくはGRU-P部局がSCP-2813の本当の性質に気付いた場合、軌道任務部隊ढ-3(ジ・イデ)が財団所有下のオブジェクトを確保するために派遣されます。ढ-3はSCP-2813-1との交信を維持するとともに、SCP-2813実体が自分では行えない当該オブジェクトの保守作業を行います。SCP-2813実体からの継続的協力を確保するため、求めがあり、なおかつ可能な限りにおいて、限定的な備品の提供が行われる場合があります。

説明: SCP-2813は全長およそ600メートル、幅およそ250メートルの、旧ロシアの惑星間宇宙船です。SCP-2813には肉体を持たない3名の乗組員がいます(それぞれの実体をSCP-2813-1A、1B、および1Cと呼称します。)。SCP-2813は改造された隕石のような外見で、現在乗組員によってさまざまな観測任務が行われています。

SCP-2813-1はコンスタンチン・ツィオルコフスキー1の1910年代頃のものと同様の物理的特徴を有しています。SCP-2813-1Bおよび1Cへのインタビューにより、その人格は当該年代のツィオルコフスキーを第一のモデルとしている、もしくは直接的な関係があると判明しています。SCP-2813-1は1916年以前の世界史に関する限定的な知識を有しており、彼ら自身の記録によれば1917年以来地球との交信が途絶えていたということです。

SCP-2813-1実体はSCP-2813内部のオブジェクトおよびSCP-2813の外層部から25メートル以内に存在するオブジェクトに対して物理的干渉を行うことが可能です。実体は選択的に物理的干渉を行えますが(その密度に関係なく固体の物質を通過することができます。)、SCP-2813の船体には拘束されているようです。SCP-2813-1Cは自ら望んでSCP-2813の境界を抜けようとしましたが、実体は船体から25メートルの地点でその意思に反して消散し、船の甲板上に再出現しました。

SCP-2813を構成する物質は他の太陽系外縁部の天体やケンタウルス族小天体の物質と同様のものです。その質量の大半は岩ケイ酸塩や金属ですが、一定の割合を凍結した水、アンモニア、二酸化炭素が占めています。SCP-2813は見掛けほどの耐久性は持っていませんが、これはSCP-2813-1Aによる内部の再構築作業に原因があるようです。

SCP-2813は生命維持システムを搭載していません。船体の中心部付近にある観測ポートは開放型のため、船全体が加圧されていない状態にあります。乗組員らが半物質的性質を有しているため、この設計が船の運航に与える支障は小さいものとなっています。

補遺2: 事件記録、2015/01/03: 11:47UTC、SCP-2813周囲の監視衛星ネットワークは予期しないほぼ完全なシステム障害に陥り、予備バックアップとして機能したのは2基の衛星のみでした。下記は経過の書き起こしです。

11:47.00: パケット衛星通信が失敗。
11:47.01: 少なくとも全長1キロメートルはある巨大な人工物の物体がSCP-2813の外殻から25メートル以内の距離に出現する。物体は映像のフレームとフレームの間に出現し、急減速や急作動を行った様子はなかった5
11:47.02-11:48.06: 動きはない。
11:48.07: SCP-2813-1AがSCP-2813の船体を出て、未知の物体の船体と接触する。
11:48.09: およそ135体の未知の半物質状の実体が未知の物体の船体を通り抜けて出現し、SCP-2813-1Aを取り囲む。そのすべてはニコライ・フョードロフ6に類似した外見をしており、GRU-P部局の記章がある制服を着ていた。
11:49-11:53: 未知の実体がSCP-2813-1Aと会話しているように見える。
11:53.30: SCP-2813-1AはSCP-2813に戻る。
11:53.31: 未知の物体およびSCP-2813-1実体は双方とも画面から消失する。

それ以来1Aは発見できておらず、1Bと1Cは何も知らないと言っている。あれが来たときに二人が何を見たり聞いたりしたのかはわからないが、それは彼らをひどく怯えさせたらしい。 ~G.ジェリコ部隊長、OTFढ-3

GRU-P部局の宇宙計画は我々が認めていたよりもはるかに進歩していたようだ。フョードロフはSCP-2813が作られた時よりもはるか以前に死んでいることからすれば、ツィオルコフスキーの日記に記されていた計画は実現していたのだろう。こうした船の一つを捕獲しなければ、我々の優位性は保てなくなる。

現在の収容手順は何かあったときに被害を避けるべく制定されたものだ。私はO5-7の承認を得てそれらを撤回する。SCP-2813に次の「訪問」で別の犠牲者が出るのはほぼ確実であり、もしそれが起こったとき、我々は対応する準備ができている。 ~FORC-15施設長リチャードソン

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。