SCP-2817
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-2817

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 手順-453-パルミラの実行までの間、SCP-2817-1はどの点においても標準的な財団のDクラス職員として扱い、この期間の過ごさせ方として、有害な特性を示さないSafeオブジェクトの実験に利用しても構いません。毎月末、SCP-2817-1は手順-453-パルミラ遂行のために、武装警備員1名によって3号棟の東部敷地まで護送されます。この間のSCP-2817-1はプロトコルに従ってSCPオブジェクトとして対処する/参照する/扱うことになります。SCP-2817-1は複雑性心的外傷後ストレス障害、とりわけ一般に“ストックホルム症候群”として知られるものに関連する毎週の心理カウンセリングが義務付けられています。

SCP-2817-2は、SCP-2817の財団承認バージョンである手順-453-パルミラを、SCP-2817-1が実行することによって封じ込めされます。警備員その他の職員が手順-453-パルミラに干渉することは認められません。手順-453-パルミラの終了に続き、SCP-2817-1は聞き込み調査と心理カウンセリングを受け、Dクラス棟へと護送されます。

手順-453-パルミラが行われるまでのSCP-2817-2の所在を特定し、捕獲するための努力は進行中です。SCP-2817から得られた情報は、SCP-2817-2が通常は何らかの惑星間組織に所属しており、それ故に収容が不可能であることを示唆しています。

説明: SCP-2817は、SCP-2817-1とSCP-2817-2によって創作され、定期的に行われている複雑な儀式です。

SCP-2817-1は混血の人間男性であり、本名はウィリアム・サイモン・ヒグリー、旧称D-77810です。SCP-2817-1は当初、弟のトーマス・マイケル・ヒグリーと共謀して二重殺人を犯したとして終身刑に服しており、両者ともに████年、Dクラス職員として財団に徴用されました。SCP-2817-1の弟にはD-113の番号が割り振られ、現在は既に死亡しています。SCP-2817-1が提供した情報を基に、D-113もまた、財団に徴用される以前の██年間にわたってSCP-2817に参加していたと推定されます。D-113の死亡以前、SCP-2817-1は彼と毎月交代でSCP-2817に参加していました。SCP-2817-1とSCP-2817-2は非常に密接な関係にあり、両者は非言語コミュニケーションを通じてお互いの完全な心理学的プロファイルを理解できているように思われます。

SCP-2817-2は身長3mの無毛のヒト型実体であり、濃いモーブ色の肌から常に同色の淡い光を放っています。SCP-2817-2は王冠と豪奢なローブを着用しており、骨と裁判官用の木槌で構築されていると思しき王笏の粗雑な模倣品を所持し、意のままに出現・消失する能力を有しています — 対象は自らの意思で実体化し、SCP-2817に参加しています。SCP-2817-2はSCP-2817-1から“ 絨毯大王 ”カーペット・キングという名称で呼ばれており、SCP-2817-1の主張によると“自分の罪を告白して裁きを求める”ためにSCP-2817を執り行っています。SCP-2817-2は著しく気まぐれかつ内省的で“やたらと世話が焼ける”性格であるとSCP-2817-1から述べられており、SCP-2817を観察する警備員には一貫して敵意を示し続けています。このため、SCP-2817-2に関する既知の経験的データは少なく、大部分の情報はSCP-2817-1から得られたものです。

SCP-2817-1によれば、SCP-2817はSCP-2817-2の粗雑な収容方法です。SCP-2817において、SCP-2817-1は修道士の衣服を着用し、手斧1をSCP-2817-2が未知の手段で事前指定した会合場所へと持参します。SCP-2817-2は出現すると、SCP-2817-1の足元に跪きます。SCP-2817-2は続けて未知の言語で短いスピーチを暗唱し、SCP-2817-1はSCP-2817-2の肩に優しく儀式的に触れることで応答します。これに続いて、SCP-2817-2は頭を下げ、SCP-2817-1はその首を刎ねます。死体は後に消失し、翌月になると明らかに無傷のSCP-2817-2が出現して儀式は繰り返されます。儀式に続き、SCP-2817-1は財団職員に、SCP-2817-2が放免を要請したという罪状を通達します。これらは通常、本質的に虐殺または軍事行為が関与する、宇宙規模で行われた行為です。

SCP-2817は、SCP-2817-2が自身の行為を続行しないように、自ら考案した刑罰として機能しています。この有効性は不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。