SCP-2819
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-2819

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 必要な実験時を除き、SCP-2819-1とSCP-2819-2は互いの100m以内に近付けてはいけません。両個体はサイト67のそれぞれ反対側に位置するサイズ2型収容ロッカー内の小動物テラリウムに収容されます。SCP個体に給餌するためのトウワタを両タンク内に維持してください。

説明: SCP-2819はトウワタカミキリムシの一種(Tetraopes tetraophthalmus)の2匹の雄個体を指す呼称です。SCP-2819-1は白い体色に黒の模様、SCP-2819-2は黒い体色に白い模様を持ちます。これは赤い体色である通常のTetraopes tetraophthalmusとは異なるものです。

SCP-2819-1とSCP-2819-2はお互いに向かって極度の敵意を示しており、異常性のないTetraopes tetraophthalmusとは一致しない行動パターンで戦います。SCP-2819-1とSCP-2819-2が互いの100m以内に存在する場合、両個体はお互いを探し出して攻撃を仕掛けます。彼らが戦いうる時間的な長さは徹底的にテストされてはいません。彼らを放置した場合、死ぬまで戦い続けると理論上想定されています。両個体は他のTetraopes tetraophthalmusに対しては、例え財団職員によってSCP-2819対照個体に偽装された個体に対しても、敵意を示すことはありません。

SCP-2819-1または-2の近くに配置された対象は、感情的停滞を経験します。SCP-2819-1に曝露した「幸せな」または「充足した」人間は無期限にその状態を保ち続け、SCP-2819-2に関してはその正反対のことが言えます。この効果はクラスBの記憶処理薬で対処可能です。投与後、被験者は正常に戻る前に数時間続く「喪失感」について報告しています。

SCP-2819-1とSCP-2819-2両個体は、マサチューセッツ州█████████の裕福な実業家である██████氏所有の庭園のそれぞれ反対側で発見されました。

注: 両個体の収容ユニットに設置された高出力マイクは、SCP-2819-1および-2の大顎から発信されるリズミカルなクリック音を検出しました。これは分析によってモールス信号であると判断されました。この進展に続き、インタビューが予定され、実施されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。