SCP-2827
評価: +2+x

記録・情報保安管理局より通達

15/12/13現在まで、SCP-2827のデータベースエントリは大規模なデータベース破損によって73回の書き直しが行われました。改竄やサボタージュの可能性は排除されていないものの、現在、SCP-2827に係る情報は本質的に不安定であり、予測不可能かつ一貫性を持たない改変の対象になると想定されています。このエントリに関連する重大な認識災害は存在しないものの、十分に注意することが推奨されます。

アイテム番号: SCP-2827 レビ記11:12

オブジェクトクラス: [保留]

特別収容プロトコル: 暫定排他的ゾーン-2827(PEZ-2827)が、表向きは有害廃棄物処理場を装って、SCP-2827の現在地の半径3kmに確立されました。

更なる収容プロトコルは、SCP-2827に関してより多くの情報が判明するまでは制定することが出来ません。このため、研究は財団におけるデルタ-クラスの優先順位を以て継続されます。

説明: SCP-2827は現在2m2の草地に生息している一存在です。SCP-2827の能力、大きさ、重量、放射性、知覚力、知能、毒性、機動性、速度、敵意、その他の様々な性質は予測不能の変異性を有しています。

SCP-2827の性質を特定するための財団による実験は個別に43回実施され、研究員13名(並びにDクラス職員[編集済]名)の死傷者を出す結果に終わりました。これまでのところ、PEZ-2827のサイト管理者であるジェイコブス博士は、SCP-2827の性質に関連する一貫性を持った要素を2つしか断定できていません。

  1. SCP-2827は、異常かつ破壊的な機能を備えている。
  2. SCP-2827の肉体的外観は、甲殻類アカザエビ科の一種、即ちロブスターである(現時点で正確な種は未特定)。

SCP-2827に関するこれ以上の情報はまだ特定されておらず、研究が保留中です。

部分的な活動記録:

事案-2827-1: 07/3/13: SCP-2827がメキシコ湾に瞬間的に顕現する。カリフォルニア州の全域が破壊され/独立して君主制を掲げ/SCP-2827に対して打つ手がなく/遡及的にアメリカ合衆国の西海岸に出現した結果、PK-クラス因果エネルギーフィードバック危機が発生してネバダ州パシフィカ・ビーチの市内全域が焼き尽くされ[事案-2827-1の客観的結果はいまだ不明である。更なる調査が保留中。]

07/3/58 23: SCP-2827は約3時間にわたって絶え間なく127デシベルの悲鳴を発し続ける。諸君、我々は失敗した。

[データ破損]: SCP-2827は3年間の休眠期間に入る。

44/55/66: [データ破損]


…またですか。いいでしょう、月末までには74回目の書き直しを試みます。大丈夫ですよ、貴方がたと同じぐらい私もこの忌々しいロブスターには頭に来てるんですから。保証します。 ― ネイスミス主任研究員

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。