SCP-2852
評価: +4+x
scpdad.jpg

ブラック-レベル・イベントにおけるSCP-2852。

アイテム番号: SCP-2852

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2852の封じ込めは、事案の追跡と(可能な場合は)中断、およびSCP-2852の出現条件と適合する人口密集地の監視に焦点を当てます。ブルー‐レベルおよびホワイト‐レベル・イベントに関係した全ての人物は広範囲な監視下に置き、その個人情報は潜在的テロリストの可能性があるとして地元の法執行機関に提供します。イベントが中断された場合であっても、ブルー‐レベルおよびホワイト‐レベル・イベントに関与した人物の名前はカタログ化され、地元の法執行機関に名前が通達されます。どちらのイベントにおいても、中断を目撃した者にはクラスB記憶処理を施します。

ブラック-レベル・イベントは終了まで監視されます。その後、全ての参加者はクラスA記憶処理を施すか、あるいは他イベントの影響を受けた者と同一に扱われます。ブラック-レベル・イベントを目撃した機動部隊ウプシロン36・ウプシロン52・ウプシロン99の構成員は、退職または転勤の際にクラスA記憶処理を施し、反社会的またはその他の奇妙な行動の兆候がないかを監視します。ブラック-レベル・イベントに影響されている事が判明した場合、当該隊員には記憶処理を施し、全てのフィールド任務への参加を停止し、低レベル・低強度の任務であるメンテナンス及びデータ入力に再指定されます。

機動部隊Y-36”パーティー・クラッシャーズ”は、あらゆるSCP-2852出現への対応が任務です。機動部隊Y-52”Cater(仕出し)任務”とY-99”祭壇の少年たち”は、SCP-2852イベントを識別し、必要に応じてY-36へのバックアップを提供することを任務とします。

機動部隊Y-52とY-99は、人口の60%がローマ・カトリック教徒あるいは(改訂2852-7に従って)英国国教会信徒であるコミュニティでの待機状態を確立してください。別の宗教団体への出現が発見されたSCP-2852個体は即時レベル4/2852クリアランスの研究者に報告してください。

現在は北米大陸に隔離されていますが、全てのSCP-2852適合型コミュニティは、少年非行・不妊症・家庭内暴力・離婚率の奇妙な上昇がないかを監視します。

説明: SCP-2852実体は、中年の白人男性の姿をしています。生物学的には、SCP-2852実体の細胞は遺伝的に人間と同一のものです。しかしながら、実体は識別可能な臓器を一切持っていません。肉体は繊維性の筋組織で構成されており、歯と髪はセミ科のものと化学的に類似したキチン質で作られたものです。SCP-2852の目は、遠くからは異常がないように見えますが、眼窩に嵌まっているだけで神経に接続されていません。声帯または類似の器官を持たないにも拘らず発言が可能な半面、SCP-2852実体は言語に対して理解を示さず、”単語のサラダ”とでも言うべき支離滅裂な話し方をします。これにも拘らず、SCP-2852 適合イベントに参加した人物は、あらかじめ異常性質について説明を受けていない限り、対象は明瞭に話しており、その振舞いはごく普通のものと考えます。SCP-2852イベントに参加した全ての人物は、SCP-2852のことを粗野なユーモアのセンスを持つ遊び心ある人物として述べ、”従兄弟のジョニー”であると言及します。SCP-2852実体は感覚を持っていますが、知性は示しません。

SCP-2852は、様々なカトリックおよび英国国教会の宗教的行事に出没し、家族の一員として扱われます。SCP-2852実体は家族的類似や民族には関係なく受け入れられます。実体が姿を現すのは洗礼式・結婚式・葬儀であり、それぞれのイベントをブルー-レベル、ホワイト-レベル、ブラック-レベルと呼びます。現在SCP-2852実体は、他の家族の集まりに現れるのは確認されていません。

イベント前後のSCP-2852個体を追跡する全ての試みは失敗に終わりました。実体は最初からその場に居たかのようにイベント中に出現する事が可能であり、監視映像のフレーム間に現れるか、あるいは単純にイベントから遠ざけようとする工作員のあらゆる試みを回避して到着します。SCP-2852実体に取り付けられた追跡装置は即座に故障し、実体は全ての監視を回避します。

SCP-2852が参加した家族の集まりでは、結果として本来とは異なる行動が行われ、引き起こされる結果も違う物です。一般に、家族の集まりに現れたSCP-2852の影響は、子供たちに対してより深刻な被害を及ぼしますが、大人も影響から自由ではありません。特筆すべき点として、SCP-2852実体を宗教的儀式に関与する前に停止しても、影響は希釈されるものの、広がるのを止めることはできません。イベントにSCP-2852が出現するだけでも、影響が家族間に拡散するには十分なものです。イベント後に質問を受けた際、影響された人物はイベント中の行動に関わらず、SCP-2852への溺愛感を表明しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。