SCP-286
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-286

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-286はサイト-19の保安収容房に留め置くものとしますが、そこでは最低でもSCP-286周辺の半径50mに開けた安全な境界を設けられるようにします。Dクラス職員のみがSCP-286と直接物理的接触をもってよく、また、承認された実験の一環としてのみ認められます。

07/19/20██更新: SCP-286での実験は今をもって追って通知があるまで一時中止とする(テクニカル・ノートTN-286-55参照) —O5—██

実験中SCP-286を360度監視できるよう監視カメラを配置してください。SCP-286が呈したすべてのシグマ状態の記録は維持管理しカタログ化するものとします。 これらの状態のアーカイブはレベル2以上のクリアランスを持つ研究員なら誰でも手にできるようにしておいてください。

03/11/20██更新: 事件I-286-5があったので、SCP-286は途切れず監視するものとし、シグマ状態の発動は即時監視司令部に報告するものとする。直接プロジェクトを管理する職務にある者以外に対しては、SCP-286のシグマ状態のアーカイブおよび関連素材についてレベル4にアクセス制限する。いかなる状況下でもSCP-286-1あるいはSCP-286-2と同定されたものがSCP-286と接触を持つのは予防するようにすること。 —O5-██

scp-286.jpg

SCP-286

説明: SCP-286は石を彫ったゲーム盤で、一辺83cmです。これには中国のゲーム六博1のものと一致する印づけがあります。回収中にSCP-286と一緒に発見された物品から見て、SCP-286は少なくとも商朝2にまで遡るものですが、とはいえ直接この彫刻品の年代を決定しようとした試みはいずれも結論を得ていません。SCP-286の組成を分析したところ鉄とニッケルの濃度が高く、[編集済]のものと一致する結晶微細構造を持つことが示されました。

人類高等哺乳類がSCP-286に接触すると、SCP-286はシグマ状態を発動します。盤面に12個のコマが出現することがシグマ状態を示します。コマはSCP-286と同じ物質だと推測されいます3。六つのコマは『暗く』、盤面よりも最大75%多く周辺光を吸収します。六つのコマは『明るく』、実際に照射しているより最大75%多く周辺光を放ちます。コマと一緒に盤面へ出現するのが二つの十八面サイコロで、見たところ青銅製です。4サイコロはともに、一方は『明るい』コマ、一方は『暗い』コマと同様の反射吸収特性を持っています。それ以外は、サイコロは中国各地で出土された非特異的な六博一式のサイコロと同様のものに見受けられます。

また、シグマ状態によりSCP-286-1とSCP-286-2が具現化し、ゲームをはじめます。SCP-286-1およびSCP-286-2は、動作、認知、振舞い、発声の様式に一時的変容を被った人類高等哺乳類です。SCP-286-1は興奮しているように見え、動作は痙攣的で不正確であり、発声は早口で、どもり、攻撃的なものです。SCP-286-2は不活発に見え、動作はぎこちなくゆっくりであり、発声は低く、しわがれ、素気ないです。人語を解する被験体は会話をおこないますが、シグマ事象中に対戦相手とのみでおこないます。そのような対話(あるいは被験体が人以外の対戦者と向き合っている場合には独白)は無作為の諸人類語を連ねて執り行われ、言語が一度の陳述で複数回移り変わることもあります。記録されたSCP-286-1とSCP-286-2の間の会話のうち今日までに翻訳に成功しているのは45%のみです。

シグマ状態を発動した被験体はSCP-286の光に照らされた面に触れたならSCP-286-1に、SCP-286の表面の翳った面に触れたならSCP-286-2になります。

どちらの場合でも、被験体は盤の一方に着席し5、SCP-286が具象化した二つのサイコロのうち一つを振ります。6

サイコロが振られたら、何者か他の人類高等哺乳類がSCP-286から47m以内に出現し、被験体の対戦者(被験体がSCP-286-1の場合にはSCP-286-2、被験体がSCP-286-2の場合にはSCP-286-1)となります。この選択は最初のサイ振りの結果と相関しているようです。7

出現したら、被験体の対戦相手は被験体と向き合う位置に着席し、初手に着手するでしょう。そして、ゲームプレイはSCP-286-1とSCP-286-2が交互にサイコロを振り盤上のコマを複雑な様式で移動させることで進行します。ゲームに勝ちとなるのは中央のマスに一方のコマが全て、そしてそちら側のコマだけがあるときです。8 勝着でシグマ状態は終結します。

シグマ状態中には、SCP-286-1とSCP-286-2はどんな外的刺激にも、それがSCP-286-1、SCP-286-2、もしくは両者がゲームとやるのを物理的に邪魔しないのであれば、なんの反応を示しません。何事かが進行中のゲームを妨害したら9、SCP-286-1かSCP-286-2が立ち上がり、多くの場合には『投了』と翻訳される文言、稀には『引き分け』と翻訳されるものを発声します。この出来事でシグマ状態は終結します。

シグマ状態が終結したら、プレイヤーがSCP-286-1あるいはSCP-286-2に指名されているのはそこまでで、コマ、サイコロ、そして被験体の対戦者はみな消滅します。10 観察した被験体すべて、および同定され検査された対戦者について、SCP-286と相互作用を持ったことによる身体的な後遺症はなにも見られませんでした。しかし、すべての場合で明瞭に霊性と宗教的主題への関心の増大が見られ、これには新たな信仰体系の採用、誓戒を守る、異言、未来視などが挙げられますが、それらに限られるわけではありません。11 勝者においては、この新たなる霊性は肯定的で救世主的な特徴を持つ傾向があります。敗者においては、その姿勢は黙示的な方向に傾きます。

付記1:
付記2:
付記3:
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。